Entries

こんなに寂しいものなのか

glee season5が最終回してしまったから、しばらく新しいカバー曲もでないし、スチールもないだろうから、すっかりネットでの情報収集をしていないんだけれども
(私のパソコンでインターネットエクスプローラが機能していないのもありますが←これ本当に困ってるんですけど)、
ほんと、何だかんだで毎週の楽しみが少なくなったのは、ほんと、寂しいなあ、って思います。

今はまた今までのサントラを聞き直しています。

先日はビートルズカバー以来のサントラ(日本盤)が出て、買ってしまいました。
ビーリージョエルのMoivin'Outの回のサントラ。
ボーナストラックに、いままでのビリーのをカバーした4曲が入っていました。
シーズン2のチーザスの回で、パックが歌った
「Only the Good Die Young」、すごく懐かしく感じました。
今やクインといい仲に戻れて、ちゃんと真面目にやっているでしょうね。
高校時代は、やんちゃだったけど(笑)。
そうかー、チーザスの回でこの選曲かあ。
あの頃は(も)夢中で見てたなあ。
今みたいにネットでいろんなことを目にしたりすることもなく…。
あれから何年かたつけど、ほんといろいろな事がありました。
(シミジミ)

他にも、「You May Be Right」とか(いきなりエピソード最後の曲)、やっぱりシュー先生は歌がうまいと思ったし。
何だかんだでこのCDも繰り返し聴いてるしなー。
でも、ライナーノーツにもありましたが、
シュー先生とブライアンが歌ったピアノマンは収録されておらず、
それがとっても残念です。
あれってちゃんとレコーディングしてなくて、撮影中に歌ったたんだよね。
一部分しか歌ってなかったもんね。
でも、あの二人が歌ったそれが入ってたら、もうなにもためらうことなくCD買ったよなー。

とりあえず、なんかすっごく懐かしくなってきたので、時間ができたらまたs1から見直してみようかなー。

glee season5 ep.20 "The Untitled Rachel Berry Project"

ああー!
終わってしまった。
なんか、とっても寂しい!!

いや、円満におわったんだけど。

サムはライマに帰っちゃったし
レイチェルはLAだし。
で、カートとブレインは晴れて同居。
…あの二人は、カートがいれば大丈夫、なんでしょうね。
いやいや、ブレインも、だけど。
パートナーシップって、信頼も忍耐も、
自分がどうしたいのかもしっかりしてないと、なんだな。

いやー、大人だなあ、カートは。
ジューンに応酬するなんて。(←私の印象

いきなりネタばれしてあれなんですけど。

グリーキッズも成長してて、次のステップにみんな動き出した
ってことは、もう本当にドラマの終わりが始まってるって実感させられちゃった。

最後、レイチェルがこっちみてくれたのが、
私にはどうしても寂しさ倍増で。

レイチェルとリアさんの境目が、そこで切れて、まじで一旦お別れ告げられたっていうか…。
6か月後(ってレイチェルが言ってたよね)はNYで再会してスタートかな?

まあ、もともとたかがドラマなんだろうけど、
私にはどうもそれだけじゃなくなってるしなあ。

今までのシーズンフィナーレにはなかった寂しさがあったなあ。(シミジミ

本編の前に聞いたサントラの感じ、
ジューンとブレインのデュエットの後American Boyをカートとディエットしてるから、彼女のよき計らいかと思ったけど、違ったんですね。


そうそう、ブレインの弾き語り All of Me、s4ep4とか思い出しちゃそうでした。
でも、あそこまで重くないし、まあ、でも、あそこまで重くないし、まあ、ブレインってそういうやつよねとも思うし、
なによりも好き好きソングだから。←なんだよねえ?

(追記:
ちょっと、全然意味わかってなかった?私…。
だんだんしみじみ、いい曲だなって思えてきたぞ。
今日一日頭から離れそうにないなあ)

レイチェルの Glitter in the Airはよかった。
音源聞いて、ああ、やっぱりうまいなあと思った。
この才能だから、ファニー役なんだよ。と思った。
性格悪くても、やっぱり、才能あるって強いよなーと思った。
人を感動させる(ハッピーにさせる)ってあんまりできないよ。
(レイチェルの「性格悪い」は悪い部類に入らないと思いますが。)

最初の、 "Shakin' My Head"はオリジナル曲とのことですが、
メルには悪いけどその曲以外は好きです。
ジューンとブレインのデュエットもよかった。
ミュージカル「ピピン」って気になってきた。
他にどんな歌があるんだろうか。
タイトルだけは聞いたことあるけど…。

なんか中途半端だけど

…ブリにも触れとかなきゃだめかな
「サンタナは?」ってみんなに聞いてたけど、ちゃんと連絡とってから来なきゃダメだよー(笑)。
そして、個性的な脚本家と通じてるのが面白かったです。

もう一度見返したらきっといろんなこと思い出すんだろうけど、またおいおい…。
)っていつも機会を逃すんだけど)

それにしても、このあとs6までどうすべかなあ。
楽しみが1個減るじゃんね。

glee season5 ep.18 the Back Up Plan

あっという間に1週間経っちゃいます。
先週は、レイチェル主演の「ファニー・ガール」のオープニングナイトでした。
評価も上々、シュー先生とエマの赤ちゃんも無事に生まれ、
ダニエル・フィン・シュースター、と名付けられました。

Oh~

あと、スー先生の話もあったんだけど、真顔でジョークを言われてもわからない私ですので、気になるのに、よくわからなかったんですよね。
この下りはDVD待つことにします。

+++++++++++++
さて、今週のep18ですが、
音源を聞いた限り一番気に入ったのは、「story of my life」。
放送を見て、一番ギャップがあったのは、「Doo Wop」。かっこえかった。
サンタナはここのところさらに痩せた?ちょっと心配になっちゃいました。

今回の曲は、なんとなく、大人になるってこんな感じ?的な曲が多いのかな、と思いました。

ここまで生きてきて、
最近、急に「大人」であることに精神的に追い付いていないと思い知らされているわたしとしては、ちょっと重い、かな。
もう少しで打ちのめされるところです…。

けれど、彼らには未来がある。
これからなんですよねー、いーなー。

レイチェルは、FOXtvに新番組のオーディションを受けにいきますが、さんざんな内容で、しかも劇場主(?)にうそついて行ったもんだから、バレたときに「次はないぞ」ときつくしかられます。
そりゃ、あんだけ評価を受けてるんだから、信頼をうらぎったらあかんよなーと思います。
彼女がオーディションで歌ったthe Roseは、相変わらず上手で、心に染みるんですが、映像を見てると、「レイチェルってこんな子だったな」って笑っちゃいました。

カートが誘ってくれた、お金持ちのシャーリー(役名忘れた)の会で、一緒に素敵なパフォーマンスをします。お眼鏡にかなったのは、誘ってくれたカートではなく、ブレインでした。
ほんと、天然なんだよな、ナチュラルに、マダムキラー(笑)。
カートも報われるといいのになあ、と思います。
でもわたし思うんですけどカートは本当にショービズで売れたいと思っているのでしょうか。役者や歌手じゃないような気がする。
彼の気持ちを聞いてみたいです。
ブレインも、本当に心からパフォーマーを希望しているんでしょうか。
パフォーミングは楽しいと思っていると思うけど、本当はどうなんでしょうか。
周りを楽しい気持ちにさせたり、引き込ませたりするのは、やっぱり天性のものだと思う。
そして、それを見込んだのかな、シャーリーは、婚約破棄した方がいいと言うんですよね。
お互いのために、方向性?を考えた方がいいのかも。
いつも、同じ方向を向いて同じことを共有していくのは、本当に難しいことだと思うから、そこを確かめといた方がいいのかも。
でも、それもできる(乗り越えられる)と思うけどなー、カートなら。
だから、ちょいとした嘘じゃなくて、ちゃんと正直に話すべきだったんじゃないかと思うぞ、ブレイン。
彼のそういうところはあかんところだなあと思います。

シャーリーとブレインの「Piece of My Heart」を聞いて、ブレインって何でもできるなあーと感心してしまいました。
シャーリーをさりげなくサポートしながらもちゃんと歌って、いいですね。
でも、もう少しもっとできる!とも思ってしまいました。
シャーリーというと、最近は「LIFE!」に出て、いい存在感を出してましたが、私はやっぱり、「あなただけ今晩わ」 「アパートの鍵かします」のちょっとつんとした感じのチャーミングなエレベーターガールを思いだします。ツンデレ系?なんかかわいかったよなあ、確か。そんなイメージがあります。

…だから、真顔で面白いことや、ひねりのきいた台詞はわたしには意味がわからないので、所々怪しいです。
詳しくはやっぱりDVD待ちなんだよなあ。

今回の、お金持ちのみなさんの会にいるブレインを見て、
ダレンもgleeでブレイクしたときに突然こういう会に引っ張りだこ(?)になって、ちょっとした戸惑いとかあったんかな、とか思いました。
世界が違うって、こういうことなんかな、と…。

こないだも、ガン患者のサポート団体のパーティに出席して、寄付を募るのに協力していましたが、
ほんとにスケールが違うんでしょうね。
私がもしそういうところにいったら、おどどどすること間違いなしです。

今回は、ちょっとほろ苦さを思った回でした。
私は。

glee season5 ep.16 Tested

あのセーラースタイル(?)でのミュージカルナンバーはありませんでした。(ちょっとがっかり)

性病検査(?)を受けようという宣伝風映像だったみたいです。

私としては、前回ep.15のBash-EPが好みすぎて、今回のTested-EPを聴くのがあんまり進まないんだけど…。
80年代の感じは私に合わないのかな…?

この回の印象は、ブレインの食べっぷりとサムの誠実さと、カートは気がついたらものすごい大人になってたことと、
メルセデスがかわいい(きれい)ということです。
(アーティごめん)

ブレインの、というか、ダレンのモグモグしているところはわりに好きな方なんですが、
ブレインが詰め込んでるところは、なんか、ちょっと違うかなー。
がんばってるって感じ?
で、あのお腹も笑っちゃった。
あーあー。って。(私自身は…人のこと言えないくせに)
ズボンが破れるってすごいな。
そりゃショックやわー。

最初は大都会に来た環境の変化と食の違い、それがいつしかどんどんかっこよくなっていくカートと自分の差に対するストレス食い…。

思えば、ブレインが浮気をしたのは、カートにかまってもらえなくて寂しかったからなのかなーとも思うし、
そもそも学生時代もカートがほかの男の子と楽しそうにチャットをしてただけで、とても不機嫌(?怒ってた?)になったこともあり、
ブレインは、カートにぞっこんなのに、
なんでそうなるのかなーと思っちゃった。
カートの言うように、そういうときこそ正直に言うようにしましょうね。

(あんなにお腹出てても、
最後仲直りのハグの時の涙は可愛らしかったです。)

一方でカートはほんとに強くかっこよくなりました。
二人はブレインが「守ってあげる」感で出会ったけれど、
結局カートは何事にも逃げずにたたかってきたからか、本当にたくましいと思います。
ブレインは、途中で逃げ出して、それにちょっと後悔しているみたいなことをいっていたから、
本当だったら、実は最初からお互いにないものを持っている存在としてひかれていったんじゃないかとも思うんですけど…。
ブレインは気がついていなかったのかな。

最終的に、ずっと好きだよって言ってもらえたからほんとよかった。
今度またカートを怒らすと(がっかりさせると)本当に別れちゃうかもしれないなあ。
カートはきっと大丈夫だろうけど、ブレインはどうなっちゃうのかねえ…(汗)

本当に今度こそ二人で一緒に暮らしていけますように。

サムもじっくり話し合って、
「sexなしでも生きていけるけど、君なしでは生きていけない」ってことになって、
メルセデスを待つことになりました。
昔付き合っていたクインもそういう感じだっただろうから、
だいぶ優しい子でしょうね。

楽しいし(たぶん)、正直だし、たぶん誠実だし、いい人だし、友達思いだし、
苦労人だし、子供好きだし、
きっといい旦那さんになるんじゃないかな
あ、収入面でちょっと心配か。

サムがアーティのこと「サイテー」ていってた気がするけど、
まあ、そりゃそうやなー。
ホリー先生の授業はちゃんと覚えてるかなー、って感じ。
せっかくスッゴいかわいい彼女ができそうだったのに。
あのこ、かわいかったなあ。

でも、早くわかって治療ができてよかったよ。

今回はまあ、青少年の教育向けエピソードって感じでした。
こういう回があるのもgleeらしいな。

次回は、opening night。
少し前にブロードウェイのいろんなミュージカルがopenしたみたいです。
華やかな日なんだろうなあ。
一方で、案外プレッシャーに弱いレイチェルは無事に初舞台を踏めるのでしょうか。
楽しみです。


そういえば昨日かな、season5の最終回のレコーディングが終わったとリアがツイートしていたらしいです。
もうそんな時期かー。寂しいなあ(早くも)

だから好きなんだな、見ちゃうんだなー

ep.13から書いていなかったけど、
あの後、舞台はNYに移りました。
寂しいけど、わくわくの巣立ちがあって、
NYでは早速お互いの関係の進展があって。

アーティーがNYCは「スピードが速い」って、怖く思うのもわかります。
私も、ただ名古屋なだけなのに、やたら疲れるのも、
普段、のんびりしすぎているからなんだろうと思います。
田舎から出るって、ちょっとは大事な事かも。

それでも、仲間や友達がいたら、若干和らぎますよね。
アーティも、NYで活躍してくれるとうれしいです。

ep.15は、バッシングの話でした。
BASHって、「パーティとかのどんちゃん騒ぎ」とかいう意味もあるらしいけど、
その反面、その、バッシングの意味もあるらしいので、
なんだか、紙一重っていうか。

しかし、カートが無事でよかった。
冒頭の、メモリアルされてた(?)彼も、話の終わりには歩けるように回復したっていうことで、よかったです。
いろんな人種のいるアメリカの大都市でさえ、そうなんですね。
人の気持ちって、なかなか変わるのは難しいんでしょう。
けれど、行動を起こさないと変わってもいかないとも思います。
そういう意味でgleeって、とっても貢献していると思います。
少しづつですが、変わってきているんじゃないかな。

とはいえ、あそこでカートが一人で立ち向かったのは、ほんと心配しました。
彼はそういう人なんだけれども。

メルセデスとサムの関係。
人種に関わらず、すてきな恋愛ができるといいなあと思います。

それにしても、前回の、おばあちゃんの声真似と言い、サムって、いろんなことができるんですね。
クリスタッカーの声真似って、ほんとに彼がしているのかな?

この週末は、コーチェラ(芸術音楽フェスティバル?)があったみたいで、
楽しそうにプライベートを満喫しているみんなの画像がみられました。
ラコステのあのワニ(?)の写真は、コリーを思い出してしまったけど…。
マークもリアも、ディアナも、ジェナも、コードも。ケビンも行ってたんだっけか。
特に今回はディアナの写真をよく見かけました。
すごく楽しそう!
しかも、おしゃれさんだなーとも思います。
あのポンチョがほしい。

いいなあ、一度野外音楽フェスに行ってみたいなあ、と思いました。

今回も一応ダレンも行っていたみたいだけど、あんまり画像は見てないですね。
すぐ帰っちゃったのかな?

gleeの話。
明日の放送見ながら、ライアンと、リアとダレン(とコードもだっけ?)でライブTwitter大会するみたいですね。
私はTwitterやっていないからできない(し、仕事もあるしね)けどね。

いよいよレイチェルのブロードウェイデビューが近付いてきました。(次週ですけど)
ああ、ドキドキ。

パソコンなおりましたー

昨日の夜に引き続き、今晩も頑張ってパソコンに向かいました。
今となっては、何をどうしたのかわからないのですが(汗)、
なんか知りませんが、治りました。
いやー、よかった、よかった。

なおりましたので、glee5 ep15の曲をダウンロードして、今聞いています。
"bash"-EPとして6曲です。
私は基本予告が見れないので、今回も見ていないのですが、
いろんなネタバレ画像を見るに、波瀾万丈な一話になりそうですね。
曲も、物凄くドラマチックです。

もうね、もう、何て言っていいかわからないけど、
みんなほんとにすごいなあって思いました。
泣くかと思いました。
アンバーの(?)オリジナル曲、 "Colour Blind"も、とってもいいです。
っていうか、この回の曲、みんないい。

Wikipediaを見ると、6曲中4曲はミュージカルの曲なんですね。
私はソンドハイムは全然見てない(と思う)ので、がぜん興味がわいてきました。
今まで、難しそうだなーと思ってきたし。
ジョニデの "Sweeney Todd"(映画)は、全編見れなかったこともありますし…。

歌はやっぱり難しそうなんですけど、いやー、みんな歌うまいっすねー(そればっかり)。
本編でどんな使われ方をするのか、心して見ようと思います。
「Bash」というタイトルも気になります。

glee season5 ep.13"New Directions"

ざっと見ましたが。
最後みんなで歌った""Don't Stop Believin'"でじーんときたのが辛抱ならんくて…。
音楽室も、高校も、これで見納めかーとか思うと、なんとも寂しいなあ。

見ている時は、いろいろ思っていたけど、見終わったらもう、わからなくなっちゃった。
いっぱい笑えるところもあったけど、後半は、もう、最終回か?っていう感じで見てしまいました。
フィンも出てきて、ほんといろんな思いで詰まってるなーと思いました。


こういう中でも、ティナはほんといい味出すなーと思いました。
入れ替わりもそうだったけど、今回はサムの持っていたトロフィーにぶつけ気絶中に見た妄想(笑)。
こういうの、Gleeらしいなあ、と思いました。
ふふふ。

昨日、ep12、ep13の音源のCDをダウンロードしたんですが、なぜか、ホリー先生の"Party All the Time"が前奏までで切れちゃってて、聴けてないからか、ぜんぜん印象に残っていないんですけど…。
これからがんばって聴きます。
本編では、あわあわが上から降ってきて、なんか楽しそうだった?

また後でもう一回見る。

Extra

プロフィール

すー

Author:すー
いつもまとまりのない文章書いててすみません…。更新が随分と滞りました。名探偵コナンは単行本のみ、それに加えて、今更ながらONE PIECEを読み始めました。日々の暮らしをシンプルにしたいと思いつつ、デジタル化も、クラウド利用もとても苦手で、今年中にはCDの整理に区切りをつけたいと思っています。ハンドベル、続けています。やっぱり、好きなことして生きてるぜ、私…。笑

最近の記事

いらっしゃいませ

月別アーカイブ