Entries

モーツァルト!@帝国劇場

モーツァルト!の看板(帝劇)


11月25日、全フェスの次の日は、一音メンバー2人+指揮者とミュージカルを見に行きました。

エリザベート(ウィーン版)にはまってからモーツァルト!(以下、M!)にも興味を持った私。
たまたまこの期間中に東京で上演されるということで、メンバーに希望を聞いたところ、3人の方が一緒にいってくれるということで、私、一生懸命チケットとりました。

また後日、アップする予定ですが、のんびりと午前中を過ごし、
帝劇に予定通りに着き、
いざ、売店へ。

泊まりの荷物が多かったため、劇場で初めてロッカーを利用しました。
便利ですね。身軽になって、あちこち行けるというのは。
しかも、無料!

自分の席がどのくらいステージから遠いのかを確認して、結局、オペラグラス(安いやつ)を買うことに決めました。
そして、プログラムも…。
一緒にいった人が、記念に買うということでしたので、「じゃあ、私も。」

そのほかに、モーツァルトの袋も買いました。

CDは、持っていたのですが、人垣の間からチラッと、ヴォルフガング別のCDのジャケットが見えました。
もし売っていたのであれば、買っておけばよかったと、実は、後悔しています。
東宝のCD販売のサイトを見ると、もう販売中止だとか。
あーあ。

2007年11月25日のキャスト


昼の公演は、井上芳雄さん。
ヴァルトシュテッテン男爵夫人は香寿たつきさん。
興味はあったのに、話の様子は全く知らずに行きました。



続きを読む

第31回全国ハンドベルフェスティバル

11月23日、24日と東京の昭和女子大学人見記念講堂にて第31回全国ハンドベルフェスティバルが開催されました。

私は11月24日の第6部に出演しました。
全国ハンドベルフェスティバル(以下、全フェス)には2年ぶりの参加です。
全フェスは全国からハンドベル演奏者が集まって演奏を披露するので、いろんなチームの演奏が聴けるのがとても楽しみです。

当日は私たちは昼ちょい前に会場に着き、さっそく、衣装に着替えました。気合十分!!

私は、賛美歌とか宗教曲とか、それこそクラシックをよく知らないので、曲名ではぴんとこなかったりします。
また、ハンドベルオリジナル曲も全然知らない(に等しい)のですが、まあ、聴きたい曲やら、楽しみにしているチームはあるわけで…。
そんなこんなで、できるだけ多くのチームの演奏を聴こうと思ったのですが、なんだかんだやっていたらそんなに聴けず、残念でした。

金城学院大学ハンドベルクワイアの演奏は毎回、ちょっと楽しみにしていて、(同じ中部地区のチームだし)
今年の、ゴーザディスタンスは、私、特に好きな曲ということもあって、聴きにいってよかったなーと思います。
2曲目の、フィドル?ファドルも、すごく早くて、どうやって鳴らしているんだろう、と思うくらい。
一音もああいう風に派手な演奏ができると、それもまた楽しいだろうなあ、と思いました。

そして、谷本ファミリーさん、
わたし、すごいなーと思いました。
いつも、人数少ないのに(ファミリーで演奏されるのです。今年はお姉さんがいらっしゃらず、4人でした)、かわいらしい曲でした。
エンターテイメント、って感じです。
ほんと、ハンドベルの楽しさとか、魅力が全開!ってかんじでした。
人数少なくても、こうやって、音楽が魅力的に演奏できるって、すごいなーって思いました。

南山短期大学ハンドベルクワイアOG会のイベントでゲスト演奏していただいて以来、わたくしは長男さんのファンでして。
そそそーっとさりげにすごいことをしてて、やる気ないのかなー?と思いきや、全然雰囲気を壊さないくらい、すっと加わるのが、かっこいいなーと思います。
今年はYAMATOで歌も披露してくださって、ますますファンです!!
しかし、どうやって練習してみえるのかなーって思いました。
複雑なアサインメントだと思うのですよね。知りたいです。

ハシモトイワサキさんも、何年か前に演奏を聞いてから、今回も楽しみにしていました。
たった二人でメロディーと伴奏を演奏して、しかもパーカッションまであるという。
パフォーマンスも、とても楽しいです。
今年は、ドラゴンクエストのオーヴァーチュアと、山下達郎のクリスマス?イヴでした。
ドラゴンクエストは私は曲をよく知らなかったので、よくわかりませんでしたが、
クリスマスイヴは、「これ、これ~!(笑)」って感じで、楽しかったです。
でも、いつも思うのですが、ベルがしっかり立っているわけでもないのに(持ち替えが多いから)、ちゃんと音が聞こえるのです。
どうやっているのかなーと思いました。
すごいなーと。
それと、音がつながって聞こえるんです。
はげしく持ちかえしているのに。
ただ楽しいだけじゃなくて、ちゃんと曲として美しいのもすごいです。

すごいなあ…。

あと、聴いたところと言えば、幹先生が指揮をしていらっしゃる、玉川聖学院ハンドベル部。
最初は難解な和音の曲だなーと思っていましたが、途中から、すごくすがすがしい風が吹いたような、すっきりしたさわやかな曲になりました。
音も、さすが若い皆さんが奏でているからか、きれいな音でした。
若いって、いいなあ~と思いました。

第六部は、緊張していて実はよく覚えていません。
(ハシイワだけは覚えてた)
でも、どのチームも、日ごろの練習の成果を発揮しようと、
一つ一つの音を大事に演奏しているのがわかりました。
大事に演奏するって、大変なことだけど、大事なことです。

そういうことが、やっぱり好きなんだなーと思いました。
みんなでなにかひとつのことをする、って言うこともだけど、
ひとつのことにこだわってとことんやれる環境って、そんなにないもんなー。
ひとつの音をつなげて、ひとつの大きな曲を演奏する、って、すごく素敵なことだなー、って、改めて思いました。

しかし、今回、一音も人数が足りなかったこともあり、気になったことは、
少人数のチームが結構あったことです。
まあ、その人数でできることをすればいいんだけど、
やっぱり、大人数で、迫力のある、和音の厚い曲もやってみたいなあ、なんて思ってしまいました。

各地で活動しているリンガーたちの演奏を聴けて、ほんとうに楽しかったし、うれしかったです。

終わったばっかだけど

またやりたいなあー。

…やりたいなあー。

みんなと一緒に








ボーン・アルティメイタム(ネタバレ含む)

こう毎回、こういうタイトルだと、混乱しますよねえ。ごめんなさい。

あれからずいぶんと日にちが経ってしまいましたが、とつとつと、下書きとして書いていた事を更新してしまいます。
ええい!
考えまとまってないけど、

エイヤ!!


以下は、私の勝手な感想とか、疑問とか、
…そういうことです。

ネタバレも存分にする自信満々なので、読みたくない人は、注意してください。(まあ、私自身は見る前に、ネタばらしされてもどうってことないのですが。)

もし、私のしょうもない疑問などに答えてくれる奇特な方がいらっしゃれば、コメントよろしくお願いします。

では、感想、行きますよ(ネタバレしてますんで、くれぐれもご注意を)

続きを読む

ボーン・アルティメイタム(再び)

昨日の感想は、「つまらなかったんだー」と思われてしまうといけないので、ちょっと、その辺を訂正(?)したいと思います。
3日、9日と立て続けに「ボーン」シリーズがTV放映されたこともあり、見に行きたいと思う人は、それなりにこの映画が気に入っているのだと思いますので。

まず、見終わって思ったのは、
エンドクレジットが凝ってるよなーと思ったのです(爆!

そんなことより、ボーンがなんで「ボーン」なのか、というか、
…そういうことについては、まあ、一応、はっきりした(CMでやっているから書いててもいいよね?)という印象なので、すっきりはしました。

(あかん、この感じも、腑に落ちん雰囲気ありありや!)

…視点を変えましてですね、
私は、とにかく、この映画をエンジョイしてます。
この、見終わった後の感じも含めて。

ボーンが逃げるところも、
暗殺スペシャリストと素手でやりあうところも、
ボーンが次どこへ行って、何をやるのか予想することも、
見ごたえがありました。

うんうん。
さすが、ドキュメンタリーの手法をとっている監督さんらしく、
前回も思いましたが、かなりのハラハラドキドキ感。
これがいいところです。
暗殺スペシャリストは相変わらず無口だし、
ボーンも、必要なことしか言わないし(そこがまたいい)、
緊張感がたまらんのよねー。

これで、完結したということなので、
この3部作はとてもいい出来だったと思うので、
もう4作目は作られないといいなあ。
この感じで、終わるといいなあーと思っています。
こういう感じは複雑な心境なんですけど。
私にしては、珍しい感じ。

「もうこれ以上、つくることないだろう」
とか、そういうことじゃなくて、
たぶん、4作目が公開されるようなことがあれば、また、見に行きたいと思うんだろうし、
でも、とりあえず、コレ、いいじゃん?みたいな感じで。

何の感想なんだかわからなくなってきたけど。
私の腑に落ちないかんじというのは、別の記事にします。
ネタバレを多く含んでいるので。
これから見に行く人は、読まないほうがいいと思います。
結末まで言っちゃうと思いますし、
アイデンティティを取り戻すまでの軌跡についても触れちゃいますので。

ボーンアルティメイタム@近くの映画館

今日、初日でした。
事前に映画館に上映時間を確認しておくくらい見たかったのー!
今日は16時ちょい前からハンドベルの練習があるし…
でも、見たかったのー!

ということで、気合入れて、8時スタートで見てきました。

早朝の、映画館。

今日行ったところは、ネットカフェもあるし、結構、車がとまっていたりして(こんな朝から活動してる人が意外に多いんだってことに)、びっくりした。
でも、外の空気はひんやりしているし、なんとなくすがすがしい。
やっぱきてよかったと思った。

さて、職員組合で取り寄せた、お得なチケットを使って、
ポップコーンSサイズを持って、いざ。

初日だから混むのかなーと思ったけど、お客さんは結局25人くらい。
そんなもんなのかなー。

いろんな予告編がやっていましたが、私が気になったのは、
「アメリカンギャングスター」
「ナショナルトレジャー(2作目の)」
かなあ。


「ナショナルトレジャー」は母と見に行く予定です。

さて、宣伝も終わって、本編です。

私って、実は話のあらすじ、そんなに知らなかった!
う~んと思いながら見て、

100%満足か?って聞かれたらどうやって答えようかなあ…。
でも、あいかわらず「スカッ!」としたっちゃ、した。

今思ったんですが、まだ公開して間もないので、そんなに感想とかみせちゃいかんですかねえ。

詳しい公開とかは、結局、後日にします。

11月24日は全国フェスティバル

私の所属しているハンドベルチームで、二年ぶりに全国フェスティバルに参加することになっています。
今は、最後の仕上げ!くらいな勢いで、ほとんど毎週土日両日ともに練習しています。
もしよかったら、聴きに来てね。

↓第31回全国ハンドベルフェスティバル(日本ハンドベル連盟のサイト)
http://www.handbell.org/event/2007/zenkoku_intro.html

場所は、東京の、人見記念講堂というところです。
だから、ちょっと遠いかな…
もし、知り合いの方で、東京にいたりする方は、のぞいてみたりすると、ちょっと早いクリスマス気分になれたりするかも。

ちなみに私は、11月24日の16:20~16:30に演奏する予定です。
そして、2曲演奏しますが、1曲はクリスマスとは関係ない曲の予定です。

私たちの出る、第六部は、きっと楽しい演奏が聴ける(見れる)だろうと思って、とっても楽しみなんだよねー!


楽しみといえば、
その後にあると思われる、「プチ打ち上げ!」
うふふ。
あまり夜遅くまで出歩くと父に怒られるのですが、
これもたのしみなんだー。

えへへー

ボーン アルティメイタム

頑張って見てきましたよ~!

また感想は今夜にでも綴りたいと思います。(ただ今10時55分)

午後からはベルなので!!

ゴホ・ゴホッ!ズルズル・ビ~ィィィッ!!ゴホゴホッ

自分でもびっくりですが

とうとう一日過ごしてしまいました。

続きを読む

Extra

プロフィール

すー

Author:すー
いつもまとまりのない文章書いててすみません…。更新が随分と滞りました。名探偵コナンは単行本のみ、それに加えて、今更ながらONE PIECEを読み始めました。日々の暮らしをシンプルにしたいと思いつつ、デジタル化も、クラウド利用もとても苦手で、今年中にはCDの整理に区切りをつけたいと思っています。ハンドベル、続けています。やっぱり、好きなことして生きてるぜ、私…。笑

最近の記事

いらっしゃいませ

月別アーカイブ