Entries

ロードショー 休刊…

高校の頃読み出した映画雑誌、ロードショー。

途中、プレミア誌に手を出したものの、年末付録の、「スター名鑑」と、カレンダーの号だけはロードショーを買っておりました。

今年もそのころだなーと、先々月くらいから、チェックしていたら、休刊の文字が。

そして、先日発売になった、1月号をもって、本当に休刊になってしまいました。


うわーん、悲しいよう…

寂しいよう…


ミーハーっぽいと、ちょっと買うのをためらった時もあったけど、やっぱりなんだかんだいって、若い役者さんや、最新作の特集もあったし、
なにより、ロードショーは写真がきれいだった。

老舗スクリーン誌も平行して買って読んでいたけど、ロードショー誌もお気に入りだったのです。
初めて目にしたブラッドピット、「リバーランズスルーイット」のワンシーンでしたが、とってもきれいでした。
そんな思い出のロードショー誌。

終わってしまうなんて、さみしいなあ。


最後の3ヶ月号は、永久保存します。
それまで買っていたものは、こないだの廃品回収に出してしまったのが、悔やまれます。
なんか、惜しいことした…

しゃばけ

北海道旅行に行く前に、本を買っておきました。

以前から、表紙が何だか気になっていた、『しゃばけ』(畠中恵著)です。
DVD『JUNO/ジュノ』を探しに寄ったCD屋で、文庫本を見つけました。
それまではハードカバーであることがネックで、いつも我慢していたのですが、文庫本で見つけたときは、はっきり言って「これで読めるぞ」と思ってはりきりました。

それからなんだかんだ忙しく、読めていませんでしたが、今日はゆっくりじっくり読めました。


時代劇なんだけど、主人公が若いからか、古臭い感じは全くありません。
はっきり言って、おもしろかったです。
病弱な若だんなが主人公ということなんですが、そんじょそこらの病弱な若だんなとは訳が違うんですよね。
人殺ししたばかりの下手人とすれ違い、その後も不可思議な殺人事件が続いてしまって、という話なのですが、
その、病弱な若だんなが、事件解決のために、頑張るわけです。

この若だんな、ただのへなちょこじゃあ、ないんです。体は弱いが、意志は強い。心も優しくて、ほんと、いい人なんです。

登場人物も、みな、面白く、ちょっと変わっているので、事件が解決するまで、先が気になって、一気に読んでしまいました。

現在、確か5巻ぐらいシリーズ化されているそうですから、また明日、次のを読みたいと思います。


また、テレビドラマ化されると、本の帯に書いてありました。
だから文庫化されたのかと、少ししょんぼりしましたが、持ち運びに便利になるんだからいいじゃないかと言い聞かせております。

そして、実はさきほどまで、「うそうそ」(←たしかシリーズ5巻目)が、フジテレビで放映されておりました。
けしてミーハー心からこの話が気になっていたわけではないのですが、
やっぱり気になる。
若だんなはどんなにか弱い感じなのか、仁吉(若だんなのお店の手代)はどんなに男前なのか…

しっかりビデオに撮ったので、後日ゆっくり見ることにします。
小説を先に読んでから…

久々に本を読んで、満ちた休日でした。

札幌観光

北海道2日目は、チームのメンバーのおかげで、観光に連れて行ってもらいました。
私は昼までしか滞在できないので、近くしか行けず、夜までいるほかのメンバーには申し訳なかったなあ、と思いました。

羊ヶ丘展望台で、クラーク博士の像と同じポーズで記念撮影をし、羊乳で作ったアイスクリームを食しました。
アイスクリームは、あっさり、すっきり味で、とってもおいしかったです。
パッケージの、メリーさんの絵が、ちょっと怖かった…
町からちょっとしか離れていないのに、丘があって、一面、雪でとてもきれいでした。
北海道らしい景色(と思いました)。

北海道では、ラーメンを食べたいと思っていたので、昼御飯に、ラーメンをリクエストしました。
私は、北海道のおいしいスポットなど、全然調べていかなかったのですが、とってもおいしいお店に連れて行ってもらえました。
純連というお店です。
味噌ラーメンを食べましたv

ラーメン自体、久しぶりということもあってか、ものすごくおいしかったです。
スープが濃い~
麺は太めでした。
チャーシューが、これまた、やらかくて、おいしいかったです。
また食べたいなあ。

最後に、時計台に連れて行ってもらいました。
記念撮影をして、札幌駅まで送ってもらって、みんなと別れました。

家に帰ったら、またいつもの生活だな~とちょっとさみしくなったけど、仕方ないので(?)帰りました。
JRで千歳空港に行き、お土産屋さんをぶらぶら…
会社の人が、「生キャラメル」と連呼していたので、ちょっと探してみましたが、
いろんな会社からでており、どれがおいしいんだったかわからなくて、買うのをためらっていたんですけど、ためしに買ってみることにしました。
時間もいい時間になったので、チェックインカウンターに歩いて行くと、ナントカ牧場の生キャラメルって看板が見えて、「これだ!」と思ったのですが、
よくまわりを見てみると、人が並んでいました。
しかも、20分後の14時から販売とのこと。
あまりの人の多さと、時間があまりなかったので、並ぶのはやめました。

チェックインカウンターに行くと、またやさしいお姉さんたちが案内してくださって、無事に飛行機に乗ることができました。

着陸時に、結構揺れたけど、大丈夫でした。
途中、寝てしまっていなのですが、耳がボーンとして、痛かったので、起きました。
それからは痛くて寝れませんでした。
耳が痛いのは、家に着いてからくらいになんかおさまりましたけど、本当に痛かったです。

今回は、本当に、メンバーに感謝です。
一音が全フェスに出なかったら、北海道に行かなかったし、
札幌観光もできなかったです。
ありがとうございました。

第32回 全国ハンドベルフェスティバル in札幌(@共済ホール)

行ってきました。
前日に父に「行ってくるー。」と電話で告げ、病院でしっかり点滴も打ってもらい、熱が治まることを願いつつ、
当日、朝4時45分、自宅出発。

一人で飛行機に乗るのは初めてだったけど、ちゃんと乗れました。
ANAのお姉さんが親切だったから、よかったです。

空港から、会場に行くのも、ちゃんと看板が出ていたり、札幌駅で、観光協会(?)の人に道を教えてもらったりして、とっても助かりました。
札幌は、空調の管理がしっかりしているのか、寒くなかったです。雪が道端にちょっとあるくらいで、大垣の1月くらいの感じですが、建物の中は、ほんとうに暖かかったです。

今回は、パソコンを持って行ったので(本当に持って行っただけになってしまいましたが)、荷物も重たく、キャリーバックではなかったので、先にホテルにチェックインできればよかったのですが、ついたのが朝、まだ早かったので、仕方なく、持って歩きました。重かった。

今度は、キャリーで行って、飛行機の中は、パソコンをケースに入れて、それだけ持って入ろうと思いました。
でも、手荷物受け取りのときに時間がかかるといけないから、なるだけ預けたくはないよなー…
あと、鞄を間違われるといけないから、なんかキーホルダーを持って行ったらよかったと思いました。

で、会場のエレベーターが開くといきなり、ヘッドセットをしたTさんがいて、私はちょっとファンなので、うれしかったです。(どんな感想だよ)

プログラムを買い、いろいろ見ていました。開会式で、先生が言ってみえたけど、今回参加30チームのうち、11チームが北海道のチームだとか。結構、たくさんのチームがあるんだなあ、思いました。

フェスティバル中、私はせきが止まらなくて、かなり申し訳なかったです。マスクをし、水&のど飴をいつでも出せるようにしていたのですが…。せめて、曲の最中だけはすまいと、頑張ってこらえてましたが、第6部は、気分も悪くなってしまい、外に出たりしていたので、あまりちゃんと聞けませんでした。
それが残念でした。

一音は、第2部の三番目。とっても落ち着いて見えます。演奏が始まってからは、ぱっと空気が変わった感じがしました。少人数だけど、音に物足りなさを感じない感じ。曲によって雰囲気も変わるし、いいと思いました。
特に、魔笛の「俺は鳥刺し」は、軽やかで、鮮やかで、楽しかったです。ホニーヒル組曲のpreludeは、耳馴染みのあまりない(一度私も音出しに参加しているのですが)のに、前回練習を聴きに行った時より、やっぱり格段に聴きやすくなっています。上手だなあ、と思いました。この曲は、このチームらしい選曲だなあ、と思いました。でも、これって、思い入れがあるチームだからよく聞こえたわけじゃないと思うんですよね。やっぱり、一音はいいなあ、と思いました。

ハンドベルアンサンブルYDさんの演奏も、素晴らしく思いました。一曲目もいい曲だなーと思いましたが、特に、「鐘のキャロル」による幻想曲が私的に好きらしく、ものすごく聞き入ってしまいました。メンバーが、ぎゅーっとして、すごくまとまって演奏してる、と感じたのは私だけでしょうか。なんか、何人もいるのに、ひとつの楽器みたいになってる、みたいな(うまく言えないけど)。やっぱり、上手だなーと思いました。

全フェス常連のチームの演奏も聞きましたが、今回、なんか感じが変わったな~と、勝手に思ったのですが、白鴎大学ハンドベルクワイアAさん、シーガルリンガーズさん、ものっそい派手だなーと(笑)。
音も大きく、スピードも速く、すごいな~と思って見入ってしまいました。天国と地獄序曲は、コンサートのときに取り組んだ時に見た、天国と地獄を思い出しながら、聴いていました。
いろいろなことをして、いろんなメロディーを組み合わせた編曲だから、すごくオーケストラっぽくなっていて、楽しかったです。改めて、ハンドベルの演奏の幅広さ(?)を感じました。

北海道のチームは全体的にゆっくり目のテンポで、縦があっていたりと、丁寧に演奏されている印象でした。(もちろん他のどこのチームも丁寧に取り組んでいらっしゃいますけど)
しんどいと思いながらホールの外で聴いていた、トリの、北星学園大学・北星学園大学短期大学部スミス・ミッションセンターハンドベル・クワイアのみなさんの、「Vision」も、私がいつも聴いているCDよりずいぶんゆっくりでしたが、ホールのロビーに聞こえてくるのを聴いていると、ハンドベル特融の、満ちた音が、本当に気持ちがよかったです。
でも、長い。ただでさえ長いのに、ゆっくりだから、余計、長い…。
でも、今回、いい曲だなあと、実感した次第であります。

そんな感じで、完全観客として、初めて聴きに行きましたが、行ってよかったと思いました。
でも、遠いなあー。もっと近くでやってほしいです。スイトピアセンターとか(爆)

そうだ、今回、初めてくらいに、「崖の上のぽにょ」を最初からちゃんと聞きました。
かわいらしく、明るい曲でした。


この前の休日

風邪のせいで、のどが痛いです。
いまだかつてなく、のどが腫れている模様です。
明日、医者に行ってきます。早帰り日だからね!

ところで、こないだの休みには、姉と、姪、甥が遊びに来てくれました。
急に決まったみたいだけど、うれしかったし、楽しかったです。
父も喜んでいました。

しかし、よくある話ですが、近所のおばちゃんとかに、「この前までこんなに小さかったのに」と言われることがありますよね。
甥も、姪も、そんな感じです。
写真をバチバチ撮って、現像したものを、専用アルバムにしまっていた時の事です。
ついこないだ(といっても、今年の春くらい)の写真が、幼く見えて仕方なかったです。
秋には、運動会に行って、会っているんですけども、
ふとした時に、子供って、成長するんだなあーと実感します。
人の子供ながら、うれしいですね。これからも元気で育ってくれるといいなあと思います。

彼らが帰ってから、当初の予定通り、服を買いに行ったり、DSソフトを売りに行ったりしました。
DSソフトは、
・DS美文字トレーニング
・ことばのパズルもじぴったん
・リズム天国ゴールド
・のだめカンタービレ
・大合奏!バンドブラザーズDX
の5本を売りました。

結構な金額になって、9,300円なり。
なんか、うれしかったです。
(ちなみに、一番安かったのは、「のだめ」で、500円…)
そんな、うはうは気分も、服を買ったら、すぐに飛んで行ったわけで…

結局、使いすぎてしまいました。
まあ、そんな感じで。

今週は、寒いらしいです。風邪を長引かせたくないので、気をつけなければ。

風邪??

人には「風邪に注意!」なんてやたら言っているくせに、
鼻水は出るし、
くしゃみも出るし、
ぼーっとするし、

さらに、昨日くらいから、胃がむかむかして気持ち悪い
…のに、おなかがすく→我慢できずに食べる→やっぱり気持ち悪い
のスパイラルに陥っています。

来週は、インフルエンザの予防接種に行ってきますが、受けられるでしょうか…

昨日、ブーツが届きました。
結局、色違いの、1サイズダウンの、24.5センチで頼みました。

なんとかはけました。
これを買いました。

これをはいて、札幌で行われる、ハンドベルの全国フェスティバルに行こうと思っていました。
でも、まだ悩んでいます。
行くべきか、行かざるべきか…

家族に心配事があるときに、放っておいて、私は遊びに出かけていていいんだろうか?
でも、せっかく飛行機のチケットも、ホテルも予約したんだしな…
北海道はこの先、行こうと思ったら、またいけるとは思うけど
この年の全フェスはこの日だけだしなあ

う~、どうすべかなあ
お父さんが、「行ってこい」と言ってくれたら、悩むことなく行けるのだけどなあ
う~

++++++++
DVDリストは60まで進みました。
やっと半分くらい出来た感じ。
けっこう、作成スピードが遅い私…(トホホ

今週末は、ブーツに合う服を買いに行く予定。
あと、お金がなくなってきたので、DSソフトを売ります。
サクッと、売りますよ。
リズム天国とかね!ツタヤでは、2,500円で買い取ってくれるそうな。
すごいね。
いくらになるか、乞う、ご期待!

う~、気持ち悪くなってきたし寝ます。
皆様、お体ご自愛くださいませ~!

ブーツ

ありがたいことに、母に、「今年の誕生日プレゼント、あんたの好きなもん買やあ」と言われていたので、
「じゃあ、ブーツがいいなあ」と答えていたんですが、最近、やたらと「ブーツのシーズンが終わっっちゃうよ!」と急かしてくれるので、さっき、カタログを見て、選んでおりました。

やっと、これがいいかもと選んだやつを、いざ注文してみようと思ったら…
「売り切れ」の文字がずらり…

そりゃ、街を歩けば、ブーツをはいている人をたくさん見かけますし、寒くなってきましたし、
今頃注文していては遅いと思うんですけど…
でも、そうそう毎年のように買うもんじゃないので、ブーツは。納得して(?)気に入った物を買いたいんです。

今年も買えないで終るかも…。

私の卒業式って何年前…(HSM3の特典DVD)

HSM3のサントラの特典DVDを見ました。

楽しかったです。
やっぱり、映画音楽は、映像を見て(見ながら)聞くのが一番ですね。
メイキングと、映画予告と、「Now Or Never」のミュージックビデオが収録されていました。

つうか、メイキング、とても長くて、超うれしいv
2回ぐらい(もっと?)見ました。
でも、字幕なしだから、そんなに詳しく話している内容はわかりませんでしたけど。

とりあえず、ダンスも、音楽も、前作よりすごくパワーアップなのはわかりました。
メイキングを見ていて、振り付けの、チャッキーさんの髪が長くて、なんか、ちょっとがっかりしました。
本番で、彼がどんな格好をしているのかまでチェックできなかったので、映画で確認せねば…
前作みたいな、さわやかさんで見たいんですけど…(汗

シャーペイが、相変わらずかわいくて、特に、「I Want It All」がとてもよかったです。
ああ、見たいなあ…早く見たいなあ…
曲の途中で、リズムが変わるんですけど、そこがとてもいいです。
メイキングの、あの場面なのかな、とか思って見ていました。

あと、いち早くiTuneからダウンロードした、「Now Or Never」もとってもかっこいい!
ドラムコーなリズムが、とってもいいです。
こういう感じ、HSMの「We're All In This Together」ではあったのに、2ではなかったから、とってもうれしいです!(2では、バスケの応援シーンがなかったからでしょうけど)

あと、いい感じの歌といえば、わたしは、「Can I Have This Dance」が好きです。
すごく、素敵v

ちょっと思ったんですけど、
映画になるってことは、もしかして、票が集まれば、アカデミー賞とかノミネートされたりする?
作品賞は無理だろうけど、歌なら、ノミネートされてもいいよね?
全部オリジナルだし。
てことは、式ではどなたかが歌うわけで…
でなくても、プレゼンターとして、誰か呼ばれて欲しい...

式の中継、見たい…
うちは衛星放送が見れないから、誰かにビデオを録ってもらわないと…

…とまあ、こういう期待もあるけれど、
テレビから映画へのパターンだから、選ばれる可能性は低いのかもしれないなあ、とも思います…
歌のノミネートは無理でも、式のステージに誰か上がれるといいなあ、と思います。

プロムの場面なのかわからないけど、そんな感じのする「A Night To Remember」も楽しみ。
みんな、着飾って、かっこいいダンスを見せてくれるでしょう。
これも、途中でなんか、リズムがルンバ(?)とか、そういう系に変わるのが楽しいです。

気になるのが、「Senior Year Spring Musical」で出てくる、JimmyとTiaraって、誰?
たぶん、この写真の子だと思うけど…
これが噂の、二代目トロイと二代目シャーペイ?
どんな子なのかな?
シャーペイはジミーにくしゃみをしているけど…(笑)

こうやって、CDとか聞いていると、ほんと、ザックとヴァネッサのハモリはよくあっていて、ぴったり(意味が二重だけど)だなあと思います。

DVDでシャーペイ役のアシュレイが「シャーペイはこれで終わり!(笑)」みたいなことを言っていた(と理解したけど…)から、きっと、これでHSMもとりあえず終わりかと思うとさみしいけど(噂によると4もあるんだってね!)、まだ映画を見ていないんだから、それからさみしさに浸るとしたいです。

それまでは、ひたすら楽しみにしてます!
まだ、日本に宣伝しにみんなが来るかも知れないしね!
そうなったら、まじうれしいv

ハイスクール・ミュージカル3:シニアイヤー

やっぱり買ってしまいました。

だって、輸入盤だけど、DVD付きのが一枚しか無かったら、運命感じちゃうでしょー。

というわけで、今、聴いています。
英語が苦手な私としては、内容について紹介されている、アメリカのホームページとか、全く読んでいませんが、いろいろ想像してます。
これは、どんな時に流れるのかしら??とか。

歌詞カードは、卒業アルバムみたいな感じで、写真もいっぱい(?)載っていますので、それがだいぶ、想像するのに助かっています。

映画公開前に、輸入盤を買ってしまったから、今度は日本語版はどうしよう、とか、いろいろ考えちゃいますが、もう買っちゃったもんは仕方ないっす。

今度は、特典DVDを見ます。
輸入盤だけど、私のDVDプレーヤーで見れるみたいだから、よかったです。
字幕なしの、英語ばっかりなんだろうけど…

いやー、今度のHSM3も、楽しみですわv

明日からしばらく、車内のBGMはHSM3です。

シャツ

今日は、職場にいるのが嫌になって、みんな残業をしていたけど、残業予定時刻になったら、さっさと帰りました。
まだやる仕事は残っていたけど。とりあえず、逃げました。

そして、ジャケットの下に着るシャツを買いに行きました。
近場のショッピングモール、「アクアウォーク大垣」。ほんと、よく行きます。

シャツ屋さんに入ったのは初めてでした。
気に入りそうなシャツはなかったものの、どうしても、長袖のシャツが欲しかったのです。
もう、色あせたようなのとか、柄柄のものしかなくなっちゃったから…。

号で買ったことがあまりないので、Mサイズ(9号)と、Lサイズ(11号)で迷いました。
とりあえず、Mサイズを試着させてもらいました。

すると、肩や、手首ピッタリなのに、
首周りと、上腕二頭筋が、特に、上腕二頭筋がキュンキュンで、ちゃんと曲げきれないことがわかりました。
ちょっとショックでした…。
昔はMサイズだったのになあ…。とうとうLになっちゃったのねぇ。しかも、ちょっとぶかっとする感じです。ぴったりのはないものかしら…
腕回りが、もうすこし、ほんの少しだけ大きければよかったのになあ…


とか思いながら、どうしても長袖のシャツが欲しかったものだから、Lサイズを買って帰りました。
とりあえず買えたのでよかったです。

寝ちまっただよ

相変わらず、私の映画の感想文、長っ!
読んでくださっている方、すみません。

今日は、一日のんびりしました。
午後からは、お母さんと買い物に行って、
私的には、電子レンジで使う、耐熱ボウルと、耐熱皿が欲しかったのだけど、時間切れで帰ってこなくちゃいけなくなって、買えませんでした。

家に帰ってから、なんだか疲れてしまって、寝てしまいました。
15時半くらいから、18時くらいまで…

だから、今、そんなに眠たくありません。
おっと、今23時?

眠くないけど、明日仕事だし、生活リズムを元に戻しとかんといかんね。(方言)
眠くないけど、寝ようと思ったら眠れそうな自分がちょっと情けない


エディット・ピアフ コンサート&ドキュメンタリー(DVD)

職場の後輩が貸してくれたDVDです。

エディット・ピアフという人をよく(まったくと言っていいほど)知りませんでした。
でも、歌は聞いたことがあります。
学校で習った「愛の賛歌」、映画「フレンチ・キス」でサッチモが歌っていた「バラ色の人生」。
どちらもフランス語なので、シャンソンなのは知っていました。

このDVDはエディット・ピアフのコンサートの映像と、彼女の人生のドキュメンタリーでした。
まず、コンサート。

ほとんど全部が白黒映像で、彼女の感じがよくわからなかったけど、
とても力強い歌声で、びっくりしました。
男の人と一緒の映像では、かなり背が小さいのか、なんか、すごく小さかった
でも、強い声で、そこが彼女の魅力だと思いました。
私は、フランス語もできないので、字幕を一生懸命読んでいましたが、
恋愛についての歌が多く、しかも、なんだか悲しい結末の歌も多かったと思います。
でも、「愛こそすべて」ということを一貫して歌われていたように思いました。

途中、世界各地のツアーの間に取ったと思われるカラー映像がありました。
かわいらしい、はつらつとした人だと思いました。

次に、ドキュメンタリー番組になりました。
波乱万丈な人生だったみたいです。
しかも、47歳で亡くなって、すごく「濃い」人生だったと思います。

生まれて間もなく母に捨てられ、父方の祖母に預けられ売春宿で育ち、、大道芸人の父親に引き取られ、歌を歌い…
やがて家を飛び出し、路上で歌いながら生活して、
恋におち、劇場主にスカウトされ、歌で生きていくと決めて。
その後も、いろんな人に愛し、愛され、
最愛の人を飛行機事故で亡くし…
オロロン(涙

エディット・ピアフという人は歌と愛に生きた人です。
彼女の歌う歌は、いろんな恋愛を歌っていますが、
それによってなぐされられたり、温かい気持ちにされられたりするんだろうなあと思いました。
フランスでは、国民的歌手なんだそうな。

見ていてちょっと苦しかった時もあったけど、
なんか、
人生を変えるような恋愛をしてみたいなあと思いました。


ラスベガスをぶっつぶせ(DVD)

先日、衝動買いしたものの一枚です。
若い子がたくさん出ていると思って、買いました(笑
でも、そんなにたくさんは出てきませんでした。
若い感覚の映画ではありましたが…。

MITの学生が、ブラックジャックに勝つ方法を取得した大学教授のもと、ラスベガスのカジノで実践し、大金を手に入れていく、という話です。

私はラスベガスもカジノも行ったこともないし、ブラックジャックもルールとか知りませんが、楽しめました。

ブラックジャックというのは、どうやら何枚かのカードの合計が21になったら勝ち、というカードゲームのようです。
その必勝法というのは、数字に疎い私にとっては、よくわかりませんでしたが、とりあえず、ずっとカウントしていって、残りにどんな数のカードがあるか予測し、賭けていくというようです。

疎いといえば、数字だけでなく、動体視力も悪いです。
カードをディーラーが配っていく一瞬のうちに、カウントしていかなきゃいけないので、私にはとても無理です。

ともかく、数を数えていくだけなので、イカサマではないのですが、やっぱり、一般のお客さんからすると、ずるいーって感じでしょうかね。
また、カジノ側からしても、勝っちゃうんだから、やめてほしいと思うわけで、
この方法を使って勝ちまくっていた主人公チームも、追い出される可能性があるわけです。

そんな、スリルと、賭けに勝って大金を手にしていく興奮が、よく描かれていて、面白かったです。
また、ともするとありがちな話の筋ですが、それでも面白いと思えるのは、この話が実話に基づいているからでもあると思います。

そして、何より、主人公を演じた、ベン役の、ジム・スタージェスがよかったです。
勝ちまくって、自信をつけていくんだけど、根っからのまじめさが、よく出ていて、よかったです。ただのハンサムさんと違う気がします。
特典映像のインタビューによると、私が見たいと思っていた「アクロス・ザ・ユニバース」という映画に出ていたそうです。見たかったなあ…。
そして、チームの一員で、彼女になるジル役の、ケイト・ボワースも、よく演じていたと思います。
それから、この映画には、ケビン・スペイシーも出演していますが、大学教授の役で、とても適任だと思いました。さすが、この映画のプロデュースもしているくらい。
ケビン・スペイシーについては、映画の最後の方の変装、私は笑っちゃったのですが、演技もできる大学教授。すごいです。(笑

つっこみどころも少々ありましたが、まあ、多めに見てあげる。
あと、その、最後の方の流れは、映画用のエピソードなのか、本当のことなのか、どっちかわかりませんが、なんか、うまくできすぎだよなあ、考えちゃいました。

しかし…、こういうことは、実話なのだから、彼らのようにやれば、実際にブラックジャックで勝てちゃうわけですね。すごいですね。
でも、映画になるくらいだから、この手はもうラスベガスのカジノでは通用しないのかもしれないですね。セキュリティーが感知しちゃうのかも。

そうですよね、カジノのセキュリティーといえば、「オーシャンズ13」で、すごいことになっていましたもの。

ともかく、面白かったです。
そんなに何回も見ないかもしれませんが、まあ、見れて良かった。

続きを読む

やっとおわったー

今日は、ビジネスマナーのテストに行ってきました。

久々に地下鉄に乗ったら、なんか、ちょっともたついちゃいました ><;
テスト中も、漢字がわからず、筆記問題はうまく答えれなかった(汗
合格していたらいいなー。

ちなみに、先日受けたテストは、不合格です。
めずらしく自分で答え合わせをしたら、ボロボロでした。やっぱり勉強をもっとしていくべきでした。反省…

テストが終わったから、Handbell Company 一音の練習にちょっとだけお邪魔してきました。
いきなりだったし、迷惑かなーと思ったから、廊下でしばらく聞いていました。

行き詰っている感じということだったけど、
聞いてる分には、ずいぶんいい感じでしたけど。でも確かに、まだまだこれから、もっと良くなるところはあると思いますが…^^

練習の録音を聴いて、こうするといいんだけどな、というところが客観的に思えれば、それだけでもずいぶん変わると思うし。

って、私がリンガーだったころは、そういうこともよくわからなくて、やっぱり、ただ悶々としていたこともあったけど。
確かに。

さて、来週は、前フェス前の、本番で。
いい演奏ができると信じてます。

全フェスも楽しみです。

あ、1日に、北海道ツアーの予約をしてきました。
航空券が、確保できるかどうか微妙です。
でも、ツアーって安いですね。
航空券片道の値段で、ツアーだと、航空券往復+宿泊費です。そりゃ、ツアーで是非ともいきたいもんです。


そんな感じで、今日という日が終わりました。

いや、もう少し起きています。
夜更かしをするなら、明日より今日の方がいいから。
たまっていたDVDでも、ちょっとづつ見ないと…(汗

Extra

プロフィール

すー

Author:すー
いつもまとまりのない文章書いててすみません…。更新が随分と滞りました。名探偵コナンは単行本のみ、それに加えて、今更ながらONE PIECEを読み始めました。日々の暮らしをシンプルにしたいと思いつつ、デジタル化も、クラウド利用もとても苦手で、今年中にはCDの整理に区切りをつけたいと思っています。ハンドベル、続けています。やっぱり、好きなことして生きてるぜ、私…。笑

最近の記事

いらっしゃいませ

月別アーカイブ