Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はハロウィンパーティーらしいですね。

そういえば、今日は10月最後の週末なんですね。
あちこちでパーティーが開かれているんでしょうね。

マシューモリソンの誕生日と、ハロウィンパーティだそうです。
みんなで写ってます。
うーん、クリスとウィルとアシュレーしかわからん…。
クリスは、R2-D2、ウィルはC-3PO?アシュレーは?
このタンクトップ、すごいね!
結構、このコスチューム、凝っていると思います。
ブライアン(クリスの猫)も…。
ハロウィーンじゃない人もいるけど
ブライアンはチューバッカか?

30日にお誕生日を迎えるマシューモリソンは…
私にはわかりませんでした。
アンディ・ウォーホルだそうです。
頭にクモの足みたいなのが乗っかって、ちょっと面白い。
(きっと壁掛けの飾りかなんかでしょうけど)

同じパーティーに行っているのかわかりませんが、
ナヤはメグと一緒にいるようです。
メグは何の仮装なの?
メグは何の仮装なのかわかりませんが(なんかのアニメのキャラクターかな?)、
ナヤは怪盗カルメン・サンディエゴ。(ということらしいです)




怪盗カルメンサンディエゴ、気になる~。

さて、今年のコードは何に仮装したんでしょうか(笑)




スポンサーサイト

sango song

ただいま、27日午前1時24分。
本日、試験があります。
が、
テキストは一度も開いておりません。

こんなていたらくではいけません。

今夜は徹夜だと思っておりましたが、
もう、手遅れだ
と思い、思い切って寝てしまおうか。

どっちみち、テスト中に寝てしまいそうだから。

いやいや、
テキスト1ページでも開くと、案外勢いづくかも…。

これから頑張ろう。

++++++++++
今日、久しぶりにStarKidのCDを聞きました。
2010年に発表された、「A Very Starkid Album」というやつ。
「Sango Song」という歌があるのですが、
ひたすら「サンゴサンゴサンゴサンゴ…」と歌っています。
そして、
「サカナノコ」と女の子の声で締めくくられます。

「魚の子」、日本語で、合ってんだよね?
今まで気が付かなかったので、びっくりしました。

ところで、サンゴは魚の子?
いやいや、違うでしょ。

そういえば、以前ちらとのせた、「A Very Potter Musical」のチョウ・チャンのパートも「ドモありがと」と日本語が出てくる(チョウチャンは日本人ではないはずなんだけど)ので、メンバーの中に、日本人がいたのかな、
とか思うと、その人がうらやましい。
だって、多分もう、ダレンはスターキッドの舞台に出演者として出ることはないんじゃないか、という気がしてしまって…。
以前、なんかのインタビューでプロデュースの方に関心を持ち始めた、みたいなこと言っていたような気がするし。
そうなったら、さみしいなあ。

と、完全に身のない空想をしてしまいました。

ああ、テスト勉強、勉強…。

結局のところ…

どうも部屋が片付かないので、
自分の部屋で仕事をする気になれません。

けれど、部屋に棚を買えば、確かに床には物はおかなくなるかもしれませんが、
その分、物は増えるんですよね。

すると、結局、実はいらないものでも集めてしまう癖のある私には、困ったことが起きるのです。

なんで、これがいくつもあるのかなー、とか、
なんで、これ買ったのかなー、とか、
あとから思うものが、増えると思うんですよねー。

と思うと、棚すら買えず、
そのせいにして、
相変わらず
私の部屋は
煩雑なままなのであります。

+++++++
そんなこと考えず、
ぜーんぶ捨てる気で、
捨てちゃえばいいのか!

そんなことできへんし…。

ギターを買いました。

今日も休みでした。

かねてよりギターを弾いてみたいなあ、というか、みんなどうやって弾いているのかなあ、と思っていました。
(どうやったら、ああいう風に弾けるのかなあ、と)

ぼけーっとしていたのをいいことに

ついに
ギターを
買ってしまいました。

アコースティックギター。

普通のより、小さいやつ。

「ギターを弾いてみたいのですが、どうしたらいいですか」
勇気を出して、お店の人に、声をかけました。

しかし、我ながらなんちゅう声のかけ方か。(笑

女性の方だったのですが、
親切に話を聞いてくださり、その後ギター担当の方を紹介してくださり、
(その担当の方は、普段はエレキだそうで、アコギは実はよく知らないんだそうですが)
その人も、話を聞いてくださって、ちゃんと説明してくださって、
なんか私もその気になっちゃって、
買っちゃったのサ。

まだ音ならしていないんですけど、
部屋の片隅で、スタンドにもたれておとなしくしている、私のミニギターを見て、むふふと思ってます。
(結局スタンドも買った)

いろんな音楽を聴くたびに、ギターの音色もいろいろあるんだなあ、と思って、
いろんな奏法もあるんだろうなあ、と思って、
ピアノとはまた違う音楽ができるんだろうなあ、というのが楽しみです。

でも、「その気になっちゃって」というのは、
本当は、新しく楽器を始めるのは、年が明けてからにしようと思っていたんです。
来週のテストと、12月のコンサートが終わってからにしようと思っていたんですけど。

初めての、ギター。
なんだか、うれしいです。

(初心者向けの教則本と、実際の曲の本としてアコースティックギターアレンジのビートルズの本を買いました。)

CDのまとめ買い♪

今回の家族旅行では、親戚にあいさつしに行くのが第一の目的でした。
第二に、宝塚歌劇観劇。
そして、宝塚アンに行くことも、ひそかに目的の一つでした。

宝塚アンは、宝塚歌劇のCDとかを扱っているお店で、
以前、ウィーン版「エリザベート」にはまったとき、宝塚歌劇つながりだったので、ウィーン版のCDが取り扱われていて、それを買いまくったときにお世話になりました。
その時は、ネット店でしたが、リアル店舗にも行ってみたいなあ、と思っていたのでした。

お店の位置はあらかじめ詳しい人に聞いていたのですが、いかんせん方向音痴なもので、全然わからなかったです。
でも、花の道を、きょろきょろと上を見ながら(2回だと聞いていたので)歩いていたら、看板が見えて、無事に行くことができました。

思ったよりもこじんまりとしたお店。
CDやDVD、ポスターなどおいてあります。
興味はあるけど、どの作品を買ったらいいのか、どの人のを買ったらいいのか、まったくわからないので、なかなか宝塚歌劇のは買えないです。
いろいろ見て回りましたが、やっぱり、海外ミュージカルの方に自然と足が向いてしまい、
こともあろうか、サントラを4枚。しかも、結局、全部宝塚以外のものです…(汗

american idiot
Avenue Q
Spring Awakening
H2$ in business without really trying!(マシューブロデリック版)

すべて観たことないんですけど…大丈夫かな…。
アメリカンイディオットは日本版は出ていないかなと思ったのですが、ないみたいでした。
グリーンデイ、あんまり知らないけど、私大丈夫かなあ?わかるかなあ?
春のめざめは、日本版を買いました。そうです、対訳がないとだめだ、と思って…。
H2$は、初演のマシューのやつ。ダニエルのじゃないのがわたしらしいと思いませんか?(笑

Gleeがお休みの間に、ちょっと、ぼちぼちと聞いていこうかな、と思います。

久々にダレン。

久しぶり(?)にダレンのギターの弾き語りです。
私も知っている、"What a wonderful world"。
私はこの歌がブラピとブルースウィリスの映画「12モンキーズ」で使われていたのが印象的で、この曲を聞くたびに、そのシーンを思い出します。(もうおぼろげになっていますが)

で、今回のダレン。
声、やっぱり素敵すぎて。
YouTube、貼っちゃいますよ。

だいぶアレンジしていますが、きっと、歌い慣れていのでしょうかね。
あー、夏のツアーのDVDとか、出ないのでしょうか。
っていうか、アルバムは?!!

彼女のミアもバンドをやっているのですね。
話には聞いたことありますが声を聴いたことがないので、どんな声だろうと思っていたら、
意外に(失礼)、かわいい声なんですね。
でも、ダレンとはちょっと路線が違うのかなーと思いました。

ダレンが歌ったこのイベントにも彼女と一緒に来ていたようですね。
彼女は、FOXテレビの関係者?
以前、ダレンにインタビューをしていたような感じです。
FOXラウンジも彼女が作っていたりする?
なんかそんな写真を見かけました。
二人そろって業界人って、すごいですね。

いつも思うんですけど、このカップルはつかずはなれずって感じで、信頼関係がしっかりしているんだろうなあ、と思います。
そういうところ素敵なカップルですよね♡

風と共に去りぬ@宝塚大劇場

行ってきました。
初めての宝塚。
失礼かもと思いながら、何も調べずに行ったため、
肝心の劇場は、どこから入るのかわからず、(きっと工事中だったから余計にわからんかったんですよね)
「花の道」で何かを待っているらしい人を見て、何があるのか?と話ながら歩いておりましたところ、
ジェンヌさんらしい人たちが(こういう呼び方するのか?)、入っていく扉がありましたので、入り待ちの人たちだったんですね。
そういう人は、シュッとしていて、背が高くて、顔が小さくて、ほんとにかっこいい。
一目でわかりますね。
すごいです。

母は「宙組」を「ちゅうぐみ」と読んでおり、大変失礼いたしました。
(私はさすがに知っていましたよ)

きっと、ものすごく緊張していたんだと思います、私。
何か失礼なことしちゃいけない、と思いすぎて、かえって不自然な行動をとっていたんじゃなかろうか…(恥)。

劇場の敷地内に入ると、なんかもう、テーマパークみたいで。
お昼ごはんに私は「たこやき」を食べ、観劇記念のお土産を親戚の分買い込み、
郵便を扱っているところでは、10年前に出て、今は兵庫県のみで再販しているという宝塚の切手シートを買いました。

早く行ってしまったからだと思いますが、観劇前に結構体力使ってしまいましたが、
開場して、中に入ると、また、それが、なんというか、
華やかなんですね!

ロッカーを探して、買い込んだお土産を預け、飲み物を買い、客席へ。
1階のちょうど真ん中くらい。
役者さんの顔ははっきり見えなかったけど、見やすい席でした。
今回観たのは「風と共に去りぬ」。
どんな話かすっかり忘れていましたが、最後が、なんだなかな~と思いましたが、
まあ、スカーレットとバトラーさんはああなるしかなかったのかなーとも思います。
私は2幕より1幕の方が印象に残っています。

一幕の最後の方で、戦争の場面があるのですが、
みんなで歌うところがあり、迫力があって、きっと圧倒されたんだと思いますが、
そこからスカーレットがタラに着いて、「あきらめないわ!」と言うところまで、
何か知らんけど、涙が出てしまいました。

顔がはっきり見えないおかげもあってか、
でも、お芝居として見れて、みんな上手だな、と思いました。
(上からな感じですみません)
(宝塚初心者なのに、すみません)
女性(ばかり)という制約がある中で、
私の中では、バトラーさんは私の中ではクラークゲーブルみたいにダンディだったし、
スカーレットは、ビビアンリーみたいに勝気で美人だし、
素晴らしかったと思います。
バトラーさん役の凰稀かなめさんの声はなんとなく特長があり、衣装が変わってもわかりました♡

宝塚歌劇は、衣装が豪華そうで、
アトランタ時代の、フワッとした動きにくそうなドレスも、そのあとの南北戦争後のアトランタ時代のドレスも、素敵だったし、
兵隊さんの制服や、アシュレーの服もかっこよかったです。
アシュレー、かっこよかった。
バトラーの愛人の人もかっこよかったです。
声がなんとなく男役さんのようだったけど、何番手さんとか、なのかな?
歌もうまくて、かっこよかった。

お話が終わった後の、フィナーレ(っていうんですか?)の時のダンスもみなさん素敵でした。
音楽が、ナイトアンドデイとか、そのほかにも、南部っぽいジャズかブルースか、という音楽で、楽しかったです。

今回、お芝居の中の音楽はあんまり印象に残っていなくて、よっぽどサントラを買おうかと思いましたが、なんか、買いそびれてしまいました。
でも本当に、私は満喫しました。
こういうしゃれ男が出てくるのは、見ていて楽しかったです。

今度行くことがあったら、場所もだいたいちゃんとわかったし、
次回は落ち着いて観に行ける…かなー?

久しぶりに観劇の予定

母が宝塚に住む親戚にあいさつしに行きたいというので、一緒に行くことにしました。

宝塚に行くなら、せっかくだから、本場(?)の宝塚歌劇を観よう、ということになりました。

慣れない旅行手配。
ネットでホテルを検索するも、まったく土地勘がないので、とりあえずのところを予約しました。
チケットも(ホテルの前にチケットの手配をしましたが)、何とかGETしましたよ。
演目は「風と共に去りぬ」です。
ビビアン・リーの映画は見たことありますが、宝塚ではバトラーさんが主役、なのかな?
今日は、宝塚までの汽車の手配をしてきました。
(汽車って…(笑)。新幹線と電車です)

私は宝塚歌劇を初めて観ます。
エリザベートのDVDや、スカーレットピンパーネルのDVD、
宝塚好きの近所のおばさんからお借りしたビデオを数本見たことはありましたが、
生で観るのは初めて。

初めて行く土地で、初めてづくしな予感。
親戚の家に行く以外に他に予定がないため、1日目と2日目の午前中はきっと手持無沙汰になるだろう。
ご飯もおいしいところを見つけて、無事に食べられるだろうか。

かと言って、実際行くまでのこの1週間、特に何か調べるわけでもないんだろうなあ、私の場合…(^^;)

S5-E3(ひとりごと、のような…)※超長文※

そう何度も見られないよなーと思っていたけど、
でも、やっぱり見てしまいました。
英語が苦手であるため、ただ見ただけでは分からないところの方が多いのです。
(本当にその程度の英語力で感想書いていてすみませんって感じです)

そういえば予告で、"The hardest word to say is "goodbye"ってでてました。
確かにそうですね。
でも私は、私の大切な人とのさいごのお別れには、「さようなら」とは言っていません。
「ありがとう」と思うことしかなかったです。

今回のエピソードを見て、同じようなことを思いました。

コリーとは会ったこともないし、
海の向こうの遠いところの人だし、
ドラマを通じて私が一方的に思っていることなのに、ね…。

なんか、へんなのー…。

…でも、なんとなく、近所の子、とか、親戚の子、とか、そういう子のことみたいな感じがしちゃって、
なんか、なんとも言えない、…。

ネットで見ている限り、コリーはいい人でした。
ちゃんとしていました。
日本に来てくれた時、サインしてくれたり、写真を一緒にとってくれたという日本のファンのツイートがありましたね。
リハビリ施設に入るというときも、彼を知っている、いろんな人から、励ましのツイートがありました。
誇りに思うというツイートもありましたし、
そういうのって、普段から、そういう人じゃないと、そうやって、思ってもらえないし、そもそも番組に穴開けるって許してもらえないことだと思います。
私は、そう思います。
だから、彼の死因はとっても残念ではあるけれど、
それがどうであれ、
やっぱり、私にとっても、コリーはいい人だし、
彼がいなくなってしまったことは、悲しいし、寂しいし、
と思うわけです。


…で、このエピソードを作ってくれて、ほんとにありがとうと思ったんですよね。
見るまでは、どんなに、ひたすら悲しいのか、ちょっと心配だったんだけど、
視聴者に寄り添って考えて作ってくれたみたいに、
みんなで彼にお別れできるようにしてくれたんだろうなあ、と思いました。
そういうところに、glee関係者の優しさを感じます。
そういう気持ちにしてくれた、コリーも、私にとって素晴らしい人です。
ありがとう。
Gleeクルーにもありがとう。
ほんとうに。


続きを読む

glee season5 ep.3 The Quarterback

放送日の昨日は、あさからそわそわして、仕事しているけどしてない感じ(おい

どんな話になるのだろう、と思っていたけど、
以前ジェーンが、"beautiful"とツイートしていたので、いい話になるのだろうと思っていたけど

見終わって…

見てよかったと思いました。
すべてのシーンに、
みんなの、彼の思い出や、彼への思いがこもっていたと思います。

途中、特に、キャロルのシーンや、サンタナのシーンでは、涙が出ちゃって、
息ができず苦しくなってしまいました。
レイチェルのシーンも、とても辛かったです。

演じるみんなは、もっと辛かったでしょう。
彼に会ったことのない私でさえ、こうなのですから。

このエピソードのサントラがアメリカのitunes storeでダウンロードできます。
収益金は全額
コリーがサポートしていた団体に寄付されるそうです。

サントラ、
私も買いました。
毎日聞いています。
聞くとしんみりなっちゃって…。
でも、どの曲もすごくしみます。

みんな、それぞれの思いがあって当然です。
それぞれの方法で、彼の死を悼み、乗り越えればいいと思います。

一視聴者である私たちをこんなに惹き付ける、素晴らしいドラマをつくってくれたスタッフ、キャストに改めて感謝します。

なんか、ぜんぜんまとまりなく、
きっとこれが今の私なんですが…


本当に、この話を作ってくれて、よかった。
ありがとう。

glee season5 ep.2 Tina in the Sky With Diamonds

なんか、いろいろ面白いと思うところあったのに、次回の予告を見たら、しんみりしちゃいました…。

そんな入りですみません。

気を取り直して

いやー、私、デミロバートって実はちゃんと見たことなくて、写真でみるより、とてもチャーミング。
英語難民ゆえ、わかっていないところがたくさんで、妄想(?)で見てますが、
ダニ、かわいいなあ。

そして、マジ惚れしてるっぽいサンタナも可愛いv
って言ってるレイチェルもかわいい(笑

ふふふ。
ダンタナ、これからどうなるんでしょうか。

マッキンリー高校では、プロムが行われます。
ジュニアとシニアと合同らしいです。
(っていうか、普通は別々なの?)
プロムキング候補に、NDからは、ブレインと
アーティ。
プロムクイーン候補にNDから、キティとティナ。

この辺の会話、自信がないのですが、
キティ、すっかりいい子になってます?
かわいいなあ。(関係ないけど)
ティナは、やったー!私の時代が来たとばかりに、
Revolutionを歌います。

…が、チャイムが鳴って、時間切れ(笑
かわいそうだけど、笑える。

通して聞きたかったです。
そういう意味で、アルバムに入っていなかったんですね。残念。
シーズン終盤にでも完全版をリリースしてくれないですかね。

しかしブレイン、あんた、プロムはトラウマあるんじゃなかったの?やっぱりキングになりたいのかしら。
それともすっかり克服した?

当日は、水玉の蝶ネクタイして
相変わらずかっこよかったけど、特筆するとこ特になく(この私が珍しい)。

ティナも、グレーの、ゴージャスなドレスで、気合い入ってて、とてもきれい。

クイーン候補には、チアリーダーから2人、意地悪な新リーダーブリーと、首にコルセット巻いてる子(役名はなんだろう?)もいて、
とってもひどい意地悪されます。

でも、みんな(主にキティ)のお陰で、ティナ、カムバック。
この時、ブレインたち、何て言ってティナをなだめたのかよくわからなかったです…。(沈

しかし、彼女(キティ)はプロムクイーンには興味がないのか、一生懸命に今までのイメージを良化させようとしてるのか?
ま、私の中ではすっかりNDだから別にいいんだけど。
クイーンキャンペーンポスターを剥がすところがかわいかった。

しかし、ブリー、なんかずれてて可笑しい。
早口だし、なに言ってるのかわからないけど、
なんか、可笑しいです。
スー先生公認で敵キャラになってしまいましたね。
NDに平穏な日は来ない…。

前回、ティナってサムと一緒にプロムにいくんじゃなかったんですか?あっさり行かないって言われてしまったような。

って言うか、わたし、昔の髪型の方が好きです、サム。

保健室の先生(研修生?)に惚れちまったっぽい男子高校生、サム。
掘れたらわりに突っ走る、サム。
あー、こういう光景は「らしくて」ほほえましい。
そして、君たちもか!
今回あんまり影の薄い、ジェイクとライダー。
ジェイクは最近マーリーといちゃいちゃしてない。別れちゃったのか?というくらいに思えます。
まあ、どうだっていいんですが。
(しあわせなカップルは多い方がいいなあと思うのですが、ま、いっか:結局)

そして、おめでとう、レイチェルベリー!
役をもらいましたね!
しかも念願のファニーブライス役!!



まだ、書き残してることあるけど、とりあえず。

Extra

プロフィール

すー

Author:すー
いつもまとまりのない文章書いててすみません…。最近は名探偵コナンの映画「純黒の悪夢」を見て、また最初からコミックを読みたくなっています。完結するのはいつのことやら…。ハンドベルも続けてます。結局やりたいことやって生きてるんだな、私。

最近の記事

いらっしゃいませ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。