Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/193-c1a6cc71
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ロマン・ポランスキーの吸血鬼(DVD)

見てからもうかれこれ一ヶ月ほど経つので、あまりよく覚えていませんが、この映画は、ジャンル的には、ホラーです…。

ミュージカル「ダンス・オブ・ヴァンパイア」の原作、とのことで、興味がわき、DVDを購入したんですけど、わたし、ホラーは苦手です!

お話
吸血鬼の研究をしている教授と、助手のアルフレッドが、たどり着いたとある村。
宿屋には大量のにんにくや、十字架があり、それを見た教授が、この近くにヴァンパイアがいることを確信する…。二人が泊まった宿屋には、お風呂好きな娘(サラ)がいて、アルフレッドは、一目ぼれするが、サラを狙っていたのは、彼だけではなく、吸血鬼のクロロック伯爵もだった。お風呂に入っていたサラを、伯爵がさらっていってしまい、宿屋の主人が追いかけていくが、翌朝、血を吸われた状態でカチコチになって発見された。それを見て悲しむ女将さん~。教授は、吸血鬼となることを恐れ、杭で心臓を打とうとするが、女将さんに阻まれて、そうこうしている間に、やっぱり吸血鬼になってしまいました。吸血鬼の親玉(クロロック伯爵)のところにいく宿屋の主人を追いかけていく二人…行き着く先には、お城がありました。そのお城で見たものは…ああおそろしや!(笑)
ミュージカルのあらすじと、だいたい同じで、映画を忠実にミュージカル化したんだなーと思いました。
教授と助手が、結構間抜けなので、そこは笑えるのですが、あまりに助手がかわいそうなので、教授にはイラッとします。

そうそう、何が怖いって、あの、牙。あと、血~。なんとなく、おそろしいんですよねー。
伯爵はけっこうおっさんだし、伯爵の息子(ヘルベルト)は思っていたよりマトモだし、ちょっと、ちゃんとした映画でした。ロッキーホラーみたいな奇想天外なことはなかったです。
あと、怖いのって、音楽も、怖かったです。
オープニングの、絵から実写に変わっていくところは、とてもよくできていましたが、怖い。こわいっていうか、気味悪い…。

ミュージカルはドイツ語ですが、映画は英語でした。
あ、あと、印象に残っているのは、おかみさん。
サラが連れて行かれて悲しんでいる時、宿屋の主人がカチコチで発見され戻ってきたとき、
「オイ!オーイ!オイ!オイ!オ~イ ォ-ィ…」と涙するんですけど、その、「オイ!」が、ちょっと面白かった。何語?と思って。オイ!

それくらいしか、覚えていない…。
そうそう、ヘルベルトに襲われるところは、ちょっと怖かった。ミュージカルだと、そんなに怖くない(むしろ面白い)のに…。

最後、あの二人を乗せて、教授は、無事なんだろうか。結局、みんな吸血鬼になっちゃうのだろうか…
よくわからなかったです。
ああいう終わり方は、結構、暗いと思う。

なんだかんだいって、結局、見てよかったと思いました。レンタルがあったら、もっとよかったのに…。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/193-c1a6cc71
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

すー

Author:すー
いつもまとまりのない文章書いててすみません…。最近は名探偵コナンの映画「純黒の悪夢」を見て、また最初からコミックを読みたくなっています。完結するのはいつのことやら…。ハンドベルも続けてます。結局やりたいことやって生きてるんだな、私。

最近の記事

いらっしゃいませ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。