Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C166] 豪華なCDですね!

すーさん、こんにちは! 先日はリンクと過分な紹介をしていただいたのに、お邪魔するのが遅くなってすみません。

"Musical Foerver", とっても気になってたガラコンサートでした。日程が合わず、ウィーンまで聴きに行くことはできなかったのですが… こうして拝見してるだけでも本当に豪華なメンバーですね! 2大エリザベート役者やら、ロミジュリ主演コンビやら、「ドイツ語圏1美声のスター」 (Thomas Borchert さんが何度か受賞したらしいです) やら。残念なのは Uweさんがいないことくらい(^-^;A

"Sei hier Gast" (直訳は Be here Guest)、私もとっても好きな歌です(^^) 生で見たのは1回だけなんですけど、とっても幸せな気分になれました。あとぜひ聴いてみたいのは、1-6 (Thomas さんがテナルディエなんて想像つかない、でも上手そう)、7 (Pia さんのクリス!)、9 (ウィーン版ジキハイの名コンビ)、10 (同、素晴らしかったそうなジキル)、12 (おっしゃるように似合いそうですね♪)、2-1 (CDは持ってるけどぜひ生で~~のヴァンパイアの名曲)、4 (Carinさん、ぴったりでしょうね) あたり。

我ながら多いなあ(^^) ご紹介、ありがとうございました。
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : yukitsuri
  • URL
  • 編集

[C167] コンサートだったんですね。

yukitsuriさん、いらっしゃいませ。ありがとうございます。

そういえば、このCDは、拍手とか入っているので、ライブ録音なんですよね。スタジオ録音かと思えるくらい、みなさん、マジで、聴かせてくれるんです~。すごいなーと。
これを聴いたら、ちょっとやそっとでは、他のCDに変えられなくなってしまいました。
Thomas さんがテナルディエをやっているのは、最初、声が素敵過ぎで、レ・ミの、あの歌だとはすぐにわかりませんでした。でも、こういう、声ハンサムなテナルディエも、アリなのかと、思わせてくれるThomasさんって、すごいですね。お姿は、どんな方なんでしょうか…。
1-9,10は、ジキルとハイドの歌なんですね。(CDパッケージをちゃんと読めばわかるのですが)とてもロマンチックな感じでした。お話とか、全然知らないので、これはもう、勉強不足としか…(汗)でも、暗いお話とばかり思っていたのですが、そればかりではなさそうで、興味を持ちました。

ああ、ぜひ生で、私も、こういったのを味わいたいものです…。
yukitsuriさんは冬休みに、行かれるんですか?その時はまた、感想など、楽しみにしていますね♪
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : すー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/215-e1884558
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

MUSICAL FOREVER (2枚組CD)

だーいぶ前、マテさんのCDを探した時に、知った、ドイツの、ミュージカル関係の商品を扱う(?)サイトSound Of Music-Shop(以下、SOM)で見て、気になっていたCDを買ってみました。

といっても、SOMではユーロ換算みたいなので、さすがに商品が空輸されてくるのはドキドキすぎるので、買えなかったのですが、この前、宝塚のスカーレット・ピンパーネルDVDを買おうと、宝塚アンというショップを見ていたら、あったので、買ってみたんですよねー。

で、聞いてみたら、とても素敵なCDじゃないですか!

あちらのミュージカルスターが歌ってる!
英語で歌っているのもあるのですが、ドイツ語のものもあって、とても新鮮です。
タイトルだけみると、何の曲かわからないのですが、聞けば、知っている曲が多くて、ほんと、よかった!

やっぱり、みなさん、歌がうまい。
一緒に聞いていた(半ば無理やり)母も、「言葉はわからなくても、上手ってことは、わかる」と言ってました。

<DISC.1>

1.Ouverture (Orchester der Vereinigten Buhnen Wien)
2.Sei hier Gast (歌:Ensemble)
3.Memory (歌:Pia Douwes)
4.Macavity (歌:Pia Douwes、Maya Hakvoort、Ensemble)
5.Nur fur mich (歌:Marjan Shaki)
6.Herr im Haus(歌:Thomas Borchert、Carin Filipcic、Ensemble)
7.Phantom der Oper (歌:Thomas Borchert & Pia Douwes)
8.Leroy Anderson - Medley -(Orchester der Vereinigten Buhnen Wien)
9.Nimm mich wie ich bin(歌:Thomas Borchert、Maya Hakvoort)
10.Dies ist die Stunde (歌:Thomas Borchert)
11.Close Every Door (歌:Lukas Perman)
12.Any Dream Will Do (歌:Lukas Perman)
13.Lonely Town (歌:Thomas Borchert)
14.I Can Cook Too (歌:Carin Filipcic)
15.Nicht, nichts, gar nichts (歌:Maya Hakvoort)
16.Ich gehor nur mir (歌:Pia Douwes)


いきなりDISC1の、2.は、美女と野獣の、「ビー・アワ・ゲスト」でした。とっても好きな歌なので、最初からウキウキになってしまいました。とちゅう、ルカスの声に聞こえなくて、でも、キャストから言うと、ルカスだなーって思って、ちょっと可笑しかったです。

3と4は英語でも同じ綴りだけど、ドイツ語でした。キャッツから2曲。マキャビティは、ぞくぞくしちゃいました。PiaさんはエリザベートのCDで聞いたけど、マヤさんのエリザベートになじんでいたから、そんなに聞き込んでなかったのですが、芯の強い、いいお声~。

そして、5、6はレ・ミゼ。なんか、やっぱり、あの前奏(?)、重々しくていいわ~。とても懐かしい感じがしました。またサントラを探してきて、聞こうかしら。なんて。6は「宿屋の主」。Thomasさん、声、よすぎ~。

そして、私内、タイムリーな、12、ヨゼフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコートから。ルカスの声のも若々しくていいなあーと。なんか、清潔そうで、よく合っていると思います(?)。


<DISC.2>

1.Totale Finsternis (歌:Thomas Borchert、Marjan Shaki)
2.Somebody To Love (歌: Marjan Shaki)
3.All By Myself (歌:Susan Rigvava-Dumas)
4.Gold von den Sternen (歌:Carin Filipcic)
5.Warum kannst du mich nicht lieben (歌:Lukas Perman)
6.Kuss der Spinnenfrau (歌:Maya Hakvoort)
7.Escapades (Orchester der Vereinigten Buhnen Wien)
8.All That Jazz (歌:Pia Douwes)
9.Liebe (歌:Marjan Shaki、Lukas Perman、Ensemble)
10.Siehe da sie liebt (歌:Carin Filipcic)
11.You Are The One That I Want(歌:Marjan Shaki、Lukas Perman)
12.Rebecca (歌:Susan Rigvava-Dumas)
13.Wenn Ich Einmal Geh (歌:Ensemble)
14.Musical Chairs (歌:Ensemble)

DISC2では、8の、All That JazzのPiaさんの歌いっぷりに、イメージ惚れ。
11は、オリジナルの映画版「グリース」(ジョントラボルタと、オリビアニュートンジョンの)のよりも、こちらの方が好き。


こうして曲リストを見てみると、英語の方がやっぱり聞き易いと思ってしまいました。
歌詞の意味はわからないんだけれども…。

知らない歌もありますが、すごくお得度の高いCDでした。買ってよかった!

2件のコメント

[C166] 豪華なCDですね!

すーさん、こんにちは! 先日はリンクと過分な紹介をしていただいたのに、お邪魔するのが遅くなってすみません。

"Musical Foerver", とっても気になってたガラコンサートでした。日程が合わず、ウィーンまで聴きに行くことはできなかったのですが… こうして拝見してるだけでも本当に豪華なメンバーですね! 2大エリザベート役者やら、ロミジュリ主演コンビやら、「ドイツ語圏1美声のスター」 (Thomas Borchert さんが何度か受賞したらしいです) やら。残念なのは Uweさんがいないことくらい(^-^;A

"Sei hier Gast" (直訳は Be here Guest)、私もとっても好きな歌です(^^) 生で見たのは1回だけなんですけど、とっても幸せな気分になれました。あとぜひ聴いてみたいのは、1-6 (Thomas さんがテナルディエなんて想像つかない、でも上手そう)、7 (Pia さんのクリス!)、9 (ウィーン版ジキハイの名コンビ)、10 (同、素晴らしかったそうなジキル)、12 (おっしゃるように似合いそうですね♪)、2-1 (CDは持ってるけどぜひ生で~~のヴァンパイアの名曲)、4 (Carinさん、ぴったりでしょうね) あたり。

我ながら多いなあ(^^) ご紹介、ありがとうございました。
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : yukitsuri
  • URL
  • 編集

[C167] コンサートだったんですね。

yukitsuriさん、いらっしゃいませ。ありがとうございます。

そういえば、このCDは、拍手とか入っているので、ライブ録音なんですよね。スタジオ録音かと思えるくらい、みなさん、マジで、聴かせてくれるんです~。すごいなーと。
これを聴いたら、ちょっとやそっとでは、他のCDに変えられなくなってしまいました。
Thomas さんがテナルディエをやっているのは、最初、声が素敵過ぎで、レ・ミの、あの歌だとはすぐにわかりませんでした。でも、こういう、声ハンサムなテナルディエも、アリなのかと、思わせてくれるThomasさんって、すごいですね。お姿は、どんな方なんでしょうか…。
1-9,10は、ジキルとハイドの歌なんですね。(CDパッケージをちゃんと読めばわかるのですが)とてもロマンチックな感じでした。お話とか、全然知らないので、これはもう、勉強不足としか…(汗)でも、暗いお話とばかり思っていたのですが、そればかりではなさそうで、興味を持ちました。

ああ、ぜひ生で、私も、こういったのを味わいたいものです…。
yukitsuriさんは冬休みに、行かれるんですか?その時はまた、感想など、楽しみにしていますね♪
  • 2008-10-10
  • 投稿者 : すー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/215-e1884558
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

すー

Author:すー
いつもまとまりのない文章書いててすみません…。最近は名探偵コナンの映画「純黒の悪夢」を見て、また最初からコミックを読みたくなっています。完結するのはいつのことやら…。ハンドベルも続けてます。結局やりたいことやって生きてるんだな、私。

最近の記事

いらっしゃいませ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。