Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/250-8bb8c247
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ラスベガスをぶっつぶせ(DVD)

先日、衝動買いしたものの一枚です。
若い子がたくさん出ていると思って、買いました(笑
でも、そんなにたくさんは出てきませんでした。
若い感覚の映画ではありましたが…。

MITの学生が、ブラックジャックに勝つ方法を取得した大学教授のもと、ラスベガスのカジノで実践し、大金を手に入れていく、という話です。

私はラスベガスもカジノも行ったこともないし、ブラックジャックもルールとか知りませんが、楽しめました。

ブラックジャックというのは、どうやら何枚かのカードの合計が21になったら勝ち、というカードゲームのようです。
その必勝法というのは、数字に疎い私にとっては、よくわかりませんでしたが、とりあえず、ずっとカウントしていって、残りにどんな数のカードがあるか予測し、賭けていくというようです。

疎いといえば、数字だけでなく、動体視力も悪いです。
カードをディーラーが配っていく一瞬のうちに、カウントしていかなきゃいけないので、私にはとても無理です。

ともかく、数を数えていくだけなので、イカサマではないのですが、やっぱり、一般のお客さんからすると、ずるいーって感じでしょうかね。
また、カジノ側からしても、勝っちゃうんだから、やめてほしいと思うわけで、
この方法を使って勝ちまくっていた主人公チームも、追い出される可能性があるわけです。

そんな、スリルと、賭けに勝って大金を手にしていく興奮が、よく描かれていて、面白かったです。
また、ともするとありがちな話の筋ですが、それでも面白いと思えるのは、この話が実話に基づいているからでもあると思います。

そして、何より、主人公を演じた、ベン役の、ジム・スタージェスがよかったです。
勝ちまくって、自信をつけていくんだけど、根っからのまじめさが、よく出ていて、よかったです。ただのハンサムさんと違う気がします。
特典映像のインタビューによると、私が見たいと思っていた「アクロス・ザ・ユニバース」という映画に出ていたそうです。見たかったなあ…。
そして、チームの一員で、彼女になるジル役の、ケイト・ボワースも、よく演じていたと思います。
それから、この映画には、ケビン・スペイシーも出演していますが、大学教授の役で、とても適任だと思いました。さすが、この映画のプロデュースもしているくらい。
ケビン・スペイシーについては、映画の最後の方の変装、私は笑っちゃったのですが、演技もできる大学教授。すごいです。(笑

つっこみどころも少々ありましたが、まあ、多めに見てあげる。
あと、その、最後の方の流れは、映画用のエピソードなのか、本当のことなのか、どっちかわかりませんが、なんか、うまくできすぎだよなあ、考えちゃいました。

しかし…、こういうことは、実話なのだから、彼らのようにやれば、実際にブラックジャックで勝てちゃうわけですね。すごいですね。
でも、映画になるくらいだから、この手はもうラスベガスのカジノでは通用しないのかもしれないですね。セキュリティーが感知しちゃうのかも。

そうですよね、カジノのセキュリティーといえば、「オーシャンズ13」で、すごいことになっていましたもの。

ともかく、面白かったです。
そんなに何回も見ないかもしれませんが、まあ、見れて良かった。



カジノで勝つ。勝ちまくる、といっても、やっぱり、そんなに長くは続かないもので、
やっぱり、カジノの用心棒みたいな人に目をつけられるんです。
この、カジノの用心棒(コール)、ローレンス・フィッシュバーンなのですが、すごく怖いです。あの人に目をつけられたら、絶対悪さできない。

で、ベンたちも目をつけられて。
ていうか、実際に大金をかけるのは、ベンの役目だから、どうしてもベンが犠牲になるわけです。
ちょっと怖かった。

そういえば、この映画は、映画のレイティングコード(というのか?)とか表記されていない気がする。
まあ、思い返してみても、コールが、ブラックジャック必勝法を実践した人を殴るのは2シーンだし、そんなに長くないし、まあ、平和的といえば、平和的だと思った。ドラッグをやっているわけでもないし、大学4年だったらお酒も飲んでいいんだし。
映画的に見ても、優等生的な作りというところかな。

コールに見つかってからは、というより、教授に捨てられてからベンは何もなくしてしまいました。
稼いだ大金は、ハーバード医大に行くための学費だったのに、大学の寮も、めちゃくちゃになってしまったし、親友だって、何年もかかって一緒に取り組んできたことも、失ってしまいました。
バイトもとうに辞めてしまったし、MIT卒業も取り消されてしまいました。

やっぱり、まじめが一番、と思います。

とはいうものの、また、映画の最後で、実は…という展開に。
これは、先ほど書いた、映画の演出なのかな?というところ。
まあ、そうだと思うけど…。

このブラックジャック必勝法は、違法ではないから、牢屋に入らなくていいとは思うけど、
やっぱり、楽して大金を手に入れると、ちょっと自分を見失うよなー、と思いました。

話は変わるけど、この前、宝くじでも買おうと思いましたが、元手がなくて断念。
宝くじ殺人もあったことだし、やっぱり、これでよかったのかも、と思います。



やっぱり、このお話、また見ます。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/250-8bb8c247
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

すー

Author:すー
いつもまとまりのない文章書いててすみません…。最近は名探偵コナンの映画「純黒の悪夢」を見て、また最初からコミックを読みたくなっています。完結するのはいつのことやら…。ハンドベルも続けてます。結局やりたいことやって生きてるんだな、私。

最近の記事

いらっしゃいませ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。