Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/259-774bcba1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

第32回 全国ハンドベルフェスティバル in札幌(@共済ホール)

行ってきました。
前日に父に「行ってくるー。」と電話で告げ、病院でしっかり点滴も打ってもらい、熱が治まることを願いつつ、
当日、朝4時45分、自宅出発。

一人で飛行機に乗るのは初めてだったけど、ちゃんと乗れました。
ANAのお姉さんが親切だったから、よかったです。

空港から、会場に行くのも、ちゃんと看板が出ていたり、札幌駅で、観光協会(?)の人に道を教えてもらったりして、とっても助かりました。
札幌は、空調の管理がしっかりしているのか、寒くなかったです。雪が道端にちょっとあるくらいで、大垣の1月くらいの感じですが、建物の中は、ほんとうに暖かかったです。

今回は、パソコンを持って行ったので(本当に持って行っただけになってしまいましたが)、荷物も重たく、キャリーバックではなかったので、先にホテルにチェックインできればよかったのですが、ついたのが朝、まだ早かったので、仕方なく、持って歩きました。重かった。

今度は、キャリーで行って、飛行機の中は、パソコンをケースに入れて、それだけ持って入ろうと思いました。
でも、手荷物受け取りのときに時間がかかるといけないから、なるだけ預けたくはないよなー…
あと、鞄を間違われるといけないから、なんかキーホルダーを持って行ったらよかったと思いました。

で、会場のエレベーターが開くといきなり、ヘッドセットをしたTさんがいて、私はちょっとファンなので、うれしかったです。(どんな感想だよ)

プログラムを買い、いろいろ見ていました。開会式で、先生が言ってみえたけど、今回参加30チームのうち、11チームが北海道のチームだとか。結構、たくさんのチームがあるんだなあ、思いました。

フェスティバル中、私はせきが止まらなくて、かなり申し訳なかったです。マスクをし、水&のど飴をいつでも出せるようにしていたのですが…。せめて、曲の最中だけはすまいと、頑張ってこらえてましたが、第6部は、気分も悪くなってしまい、外に出たりしていたので、あまりちゃんと聞けませんでした。
それが残念でした。

一音は、第2部の三番目。とっても落ち着いて見えます。演奏が始まってからは、ぱっと空気が変わった感じがしました。少人数だけど、音に物足りなさを感じない感じ。曲によって雰囲気も変わるし、いいと思いました。
特に、魔笛の「俺は鳥刺し」は、軽やかで、鮮やかで、楽しかったです。ホニーヒル組曲のpreludeは、耳馴染みのあまりない(一度私も音出しに参加しているのですが)のに、前回練習を聴きに行った時より、やっぱり格段に聴きやすくなっています。上手だなあ、と思いました。この曲は、このチームらしい選曲だなあ、と思いました。でも、これって、思い入れがあるチームだからよく聞こえたわけじゃないと思うんですよね。やっぱり、一音はいいなあ、と思いました。

ハンドベルアンサンブルYDさんの演奏も、素晴らしく思いました。一曲目もいい曲だなーと思いましたが、特に、「鐘のキャロル」による幻想曲が私的に好きらしく、ものすごく聞き入ってしまいました。メンバーが、ぎゅーっとして、すごくまとまって演奏してる、と感じたのは私だけでしょうか。なんか、何人もいるのに、ひとつの楽器みたいになってる、みたいな(うまく言えないけど)。やっぱり、上手だなーと思いました。

全フェス常連のチームの演奏も聞きましたが、今回、なんか感じが変わったな~と、勝手に思ったのですが、白鴎大学ハンドベルクワイアAさん、シーガルリンガーズさん、ものっそい派手だなーと(笑)。
音も大きく、スピードも速く、すごいな~と思って見入ってしまいました。天国と地獄序曲は、コンサートのときに取り組んだ時に見た、天国と地獄を思い出しながら、聴いていました。
いろいろなことをして、いろんなメロディーを組み合わせた編曲だから、すごくオーケストラっぽくなっていて、楽しかったです。改めて、ハンドベルの演奏の幅広さ(?)を感じました。

北海道のチームは全体的にゆっくり目のテンポで、縦があっていたりと、丁寧に演奏されている印象でした。(もちろん他のどこのチームも丁寧に取り組んでいらっしゃいますけど)
しんどいと思いながらホールの外で聴いていた、トリの、北星学園大学・北星学園大学短期大学部スミス・ミッションセンターハンドベル・クワイアのみなさんの、「Vision」も、私がいつも聴いているCDよりずいぶんゆっくりでしたが、ホールのロビーに聞こえてくるのを聴いていると、ハンドベル特融の、満ちた音が、本当に気持ちがよかったです。
でも、長い。ただでさえ長いのに、ゆっくりだから、余計、長い…。
でも、今回、いい曲だなあと、実感した次第であります。

そんな感じで、完全観客として、初めて聴きに行きましたが、行ってよかったと思いました。
でも、遠いなあー。もっと近くでやってほしいです。スイトピアセンターとか(爆)

そうだ、今回、初めてくらいに、「崖の上のぽにょ」を最初からちゃんと聞きました。
かわいらしく、明るい曲でした。


0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/259-774bcba1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

すー

Author:すー
いつもまとまりのない文章書いててすみません…。最近は名探偵コナンの映画「純黒の悪夢」を見て、また最初からコミックを読みたくなっています。完結するのはいつのことやら…。ハンドベルも続けてます。結局やりたいことやって生きてるんだな、私。

最近の記事

いらっしゃいませ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。