Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/274-f530d7f3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ワールド・オブ・ライズ@ちょっと遠くの映画館

正月から映画なんて幸せー
と思って、見てきました。3日。

K-20と迷ったんだけど、こっちにしました。
戦争ものは見たくなかったんだけど…

といいつつ、兵隊は、あんまり出てこないし、実際、レオナルドディカプリオ(主役)はCIAの工作員(?)なのでした。

人は、たくさん殺されました。テロで。
実際に起こっているような状況の映画です。
この年末も、イスラエルとかでは、内戦があって、人がたくさん死んでます。
悲しい事です。

とはいえ、これはハリウッド映画、と思って、見てきました。

こういう映画は、状況説明のためか、セリフも難しくて、字幕を読むのが大変でしたが、結構一生懸命になって見ました。

久しぶりに、大画面でレオナルドディカプリオを見ました。
前回みたのは、「ディパーテッド」でした。
あれも、命をかけた感じでしたね…

今回の映画もそうなんですが、ラッセルクロウとのやり取りが、ちょっと、おもしろいというか、息抜きの場面になって、それがよかったです。
ラッセルクロウ。太っていました。
完全に、現場では働けない感じの体でした。
それがよかったのかなあ。

そして、久しぶりに、かわいらしいレオを見た気がしました。
そういうのを、間に持ってくるのが、絶妙v

現地の看護婦さんに、恋をしたレオ。
狂犬病予防のワクチンを打ってもらうところで、おなかにいきなりぶすっとされて、痛がるものの、
次のシーンでは、看護婦さんとおしゃべりを…
お臍のあたりを触りながら←これがなんとなくかわいらしい と思ってしまった
きっと、手持無沙汰だったんだよねー。

で、予想通り、レオが危なくなると、この看護婦さんも危なくなって、誘拐されてしまうのですが、
レオは、捕まるかもしれないとわかっていても、彼女を開放してもらうために、テロリスト(?)のところに行くのでした。

その後は、私、我慢できなかったので、ちょっと外に出たので、途中を見ていなかったのですが、
レオが拷問されるシーンは、本当に痛そうだったそうです。

最後は…
これを言っては、これから見る人に申し訳ないから、言わない。


たしか、「どっちの嘘が、世界を救うか?」みたいなコピーが付いていたような気がするけど、
これって、どっちの嘘でもなくない?とか思いました。
強いていうなら、
やっぱり、「郷に入っては郷に従え」なんだろうなー、と思いますがね。


我ながら、よくわからない映画の感想で、すみません。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/274-f530d7f3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

すー

Author:すー
いつもまとまりのない文章書いててすみません…。最近は名探偵コナンの映画「純黒の悪夢」を見て、また最初からコミックを読みたくなっています。完結するのはいつのことやら…。ハンドベルも続けてます。結局やりたいことやって生きてるんだな、私。

最近の記事

いらっしゃいませ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。