Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/33-8bfd6eac
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ヴィクター/ヴィクトリア(舞台中継風・DVD)

あの、ジュリー・アンドリュース、35年ぶりブロードウェイ出演の舞台をNHK用に収録したのか、舞台中継のような、DVDをレンタルしたので、見ました。
もともと、映画だったそうですが、私はその映画もみたことないです。
でも、「メリーポピンズ」で魔法にかけられ、「サウンドオブミュージック」で惚れ、先日の、NHKの「英語でしゃべらないと」のインタビューで、優しい人だなあと思いましたので、ぜひ、ジュリーアンドリュースの出ているミュージカルも見てみたいなあ、と思って、DVDを見つけたときは、迷わず、手に取ったのです。

お話はというと、まず、舞台は、パリ。
所属してたオペラの劇団が解散して、行く当てもなくなったヴィクトリアが、ゲイサロン(?)で知り合った中年のゲイの思いつきで、「男装するゲイ:ヴィクター伯爵」として、パリのショービズ界でスターになる、という話です。その後、パリに来ていたアメリカ人のギャング(ストレート)に惹かれるけど、自分は「男装ゲイだし…」で、悩む、見たいな。
最初のうちは、よくわからなかったし、曲もつまらなく感じた(かの名匠作曲なのに!)のですが、そのうち、楽しくなってきて、最後は笑顔で見終わりました。

見終わったすぐの感想は、「カーテンコールの映像はないのか!?」。
お客さんと一緒に拍手しそうになりました。

ジュリーのような大スターだからこんなに盛り上がったんだと思いますが、ジュリーだけでなく、脇を固める人達も、とてもよかったです。
後半になってくると、お客さんたちも、のりのりで見てるのがわかるくらい拍手も、笑いも、楽しそうでした。

競演の方たちのプロフィール等、よく知りませんが(しかも、役名すらよく覚えていないのですが)、特に、シカゴのギャングと一緒にやってきた彼女役の人が、とてもチャーミングで、思い切っていて、本当に楽しかったです。「そこまでやるか」的なところもありましたが、歌も上手だし、いい役者さんなんだと思います。本当に、たぶん普通に歌ったら、めちゃくちゃ上手、だと思うのですよね。普通に。
また、ギャング役(キングという役名)の人も、ヴィクターが男だと認めると、自分はゲイと認めることになり、それが怖くて、ヴィクターは女だと思いたい(実際、女性だし)、という、ちょっと複雑な心境を唄うところは、面白かったです。ダンディなんだけど、チャーミング。よかったです。声が、ディズニー映画の「美女と野獣」の、ガストンの声に似ていたと思うのは私だけかしら。
中年ゲイ役の人も、結構ダンディで、声も渋くて、きっと「名優」なんだろうなあ、と思ってみてました。やさしさがよく出てました。

結局、ヴィクトリアと、キングは結ばれるわけですが、一度ヴィクターは男性といって大々的に売ったのに、それが実は女でした、なんて言ったら、今だったらメディアにたたかれてるだろうなあ、と要らぬ心配をしたりしました。
そうならなかったのは、やはり、ジュリーだからですよね。

ヴィクター=ヴィクトリアのネタばらしの場面では、予想はできたものの、「プロデューサーズ」のゲイリー・ビーチ(ロジャー役)ぐらいのショックはありました(笑)。
でも、ほんとに、お話が進むにしたがって、どんどん面白くなっていくのですよね。
私がおもしろいと思ったところは、キングの同伴の彼女と、ヴィクターがタンゴを踊るシーン、ついついビクトリアは女性ポジションになってしまうのをこらえてごまかしながら踊る、というのが、クスクス、面白かった。
あと、とても映画的だな、と思ったところで、でも、うまく舞台向けに演出されているとも思ったのですが、キングと、彼のボディガードが、ヴィクターの正体を突き止めようと、部屋に忍び込んだのはいいけど、忍び込んだのがばれないように一生懸命、かくれるところ。絶妙なタイミングで部屋に入ったり、ドアに隠れたり、ベッドの下にもぐりこんだり…。楽しかった。
そして、意外にゲイが多かった、ということがわかるシーン。
カミングアウトされたほうのリアクションが面白い。

やっぱり、ゲイ物はゲイ(陽気)、楽しいですね。
まさか、こんな話だとは知りませんでしたけど。
途中、ちょっとR指定?と思うところもありましたが、楽しかったです。

このあと、ジュリーは確かのどの手術かなんかして、歌えなくなったんだったかなんかですよね。残念です。

映画も機会があったら見てみたいと思います。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/33-8bfd6eac
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

すー

Author:すー
いつもまとまりのない文章書いててすみません…。最近は名探偵コナンの映画「純黒の悪夢」を見て、また最初からコミックを読みたくなっています。完結するのはいつのことやら…。ハンドベルも続けてます。結局やりたいことやって生きてるんだな、私。

最近の記事

いらっしゃいませ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。