Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/333-3bc2cb69
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

RENT The Broadway Tour 続き

いやー、今日は、職場で「見てきた?」とたくさん聞かれました。
観にいくって決めた次の日、この私が、テンション高かったのが、意外だったんでしょうか。
みんなに気にしてもらって、なんか、すみません。

私は、映画版のDVDをまず初めに見たので、電話のシーンとか、あんまり知らないから、舞台版に興味シンシンでした。
でも、映画版は、ほんと、健闘していて、舞台のイメージそんなに壊れてないと思いました。

熱気むんむんの「RENT」。
いよいよ始まったなーって感じ。
やっぱり、この二人だよな~v
マークは彼だし、ロジャーもそこにいる(笑)

ミミ、とてもかわいくて、私は好きだなと思います。
エンジェルも、かわいらしくて、ほんと、いい人だなあと。
なんか、すごい愛にあふれた人だなあと思います。
後で、モーリーンが、エンジェルのお葬式で「あなたたちと友達でよかったって(エンジェルが)言ってたけど、それは私たちのほうだよ」っていうようなことを(超意訳でそう理解したんだけど)言ってたけど、
そうやって考えれるエンジェルって、すごいなーと思います。
私も、そうやって思われてみたい

モーリーンは、DVDの、黒髪のモーリーンのイメージがあり、今回のキャストさんは、金髪で、
席から見てて、なんか、かわいい人だなと思いました。
(かわいい連発だけど…語彙力なくてすみません)
彼女だったら、モテルのもわかる、みたいな(笑

私が好きな、One Song Gloryは生で聴くとよりぐっときました。
ベースの音なのか、何なのかわからないけど、なんか、すごいドキドキした。

Today 4Uは、ノリノリだったし、
モーリーンのパフォーマンスはやっぱり映画ので見るより、ライブで見たのの方が、見やすかった。
でも、やっぱり、いまだに(?)難しくて、よくわからないです。
昔って、パフォーマンスアートってものがあったのか、わからないけど、
モーリーンみたいなのも、アートなんだよねと。
イメージ的に言うと、オノヨーコみたいな?
彼女のも、なんか、解説してもらわないと、よくわからない
なんか、私は、芸術的感性乏しいなあとか思ったり。

で、ラヴィボエーム!
もう、立ち上がって、踊りたくなりそうだった
やっぱり、みんなで歌って踊って、なんか、迫力あるなと思った。
ノリノリ。

そうそう、タンゴ:モーリーン、マークとジョアンの息がぴったりで、
やり取りも面白かった。
結構、おもしろかったです。



休憩に入って、どこも行かないでおこうかな、と思っていたけど、やっぱり、TシャツとCDを追加でお買い上げ。
私って、ダメね…


バンドが入ってきて、
キャストが入ってきて、いよいよ2幕。
シーズンズオブラブは鳥肌立っちゃった。
やっぱり、名曲だと思った。

愛にあふれた舞台だな

で、2幕は怒涛の展開。
悲しいことがたくさんになるから、私はちょっと苦手なんだけど、
Goodbye Loveでは、なんか、やっぱり、切なーと思いました。


私は、これだけ、ロジャーvと言っているけど、
マークに共感してます。

自分はいったい何をしてるんだ?

という問いは、ほんとに、よく考えます。
彼みたいに、最終的に、自分に決心付けれればいいけど、
私は、動けない(かない)でいます。
まあ、それも私かなと思ってはいるんですけど

でも、みんなは変わっていく、でも、自分は何も変わっていない
という気持ちは、わかります。

"I Quit! "

って、気持ち良かっただろうな。

フィナーレは、ほんと、いつも感動する。
なんか、マークの映画も、いいけど、いい画がとれてるけど、
歌詞が…なんか、ほんと。
no day but today
って、名言だと思う。
そういう気持ちって、大事だと思う。

最後にミミが生き返る(?)のは、希望にあふれていると思う。
エンジェルと同じHIV+だけど、
そのエンジェルに言われて、戻ってきたのは、素晴らしい。
またエンジェルは、彼らをファミリーに戻したんだわ、と思って。

いつかは最期が来るとしても、もう、ロジャーは逃げないだろうし、ミミも、自分を大切にすると思う。
この二人は大丈夫だ。と思ってみる(何を?)
ミミは、光です。

もう、すごくいい話だった。

最後、終わってから、バンドがI'll cover you をアレンジして演奏してたけど、
生バンドの力も大きいと思う。
私の中で、すごい盛り上がりました。

あっという間の、2時間半ぐらい。
素晴らしかったです。
また、頑張ろうって気になって。
今日、
頑張ってきました。
でも、明日は頑張れるかな(爆
頑張ろう。

ほんと、見に行けてよかったって言うのが一番。
何事もなく、行けて、家族にありがとうと言いたいです。
一緒に行ってくださったお姉さま、ほんと、お世話になってます。ありがとうございます。

カンパニーの皆さんも、無事にこのまま千秋楽までいってほしいです。
ほんと、素晴らしいステージをありがとう!

そして、最後にはやっぱり、


Thank You, JONATHAN LARSON !
 

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/333-3bc2cb69
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

すー

Author:すー
いつもまとまりのない文章書いててすみません…。最近は名探偵コナンの映画「純黒の悪夢」を見て、また最初からコミックを読みたくなっています。完結するのはいつのことやら…。ハンドベルも続けてます。結局やりたいことやって生きてるんだな、私。

最近の記事

いらっしゃいませ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。