Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/39-c7d131c4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ディック&ジェーン(DVD)

それほどどんな話か、注目していなかったのですが、以前、おもしろそうだ、と思ったことがあったので、見てみました。
まあ、おもしろかったです。

ディック(ジムキャリー)は、まじめな普通の会社員だったけど、社長の不祥事(株売買の大量操作など)で、会社が倒産、再就職もなかなかできず、家計がピンチ!
妻のジェーン(ティアレオーニ)も夫が昇進すると聞いていたので、仕事をやめたとたん、そんなことになって、
家財道具も、もう売るものがなくなり、どうしようもなくなって、夫婦そろって強盗の道へ…


それが、成功してしまうのです。

悪の道に走っているのに、なぜかほほえましく見てしまうのは、悪いことをしていても、なぜか憎めない、ジムキャリーのキャラクターと、
まじめで、夫のことを愛してるワ パワーありありの ティアのチャーミングさが、よい作用を及ぼしているからだったと思います。
そんなに一生懸命犯罪を犯してでも、生きていく二人を(モラル的にはいけないことなんだけど)応援しちゃったりするのです。

一方、社長は、相変わらず金持ちライフですよ。(元)社員が生活に困って、犯罪に手を染めていくっていうのに。で、ディックとジェーンは、元CEOで現アル中になってしまったフランクと一種に社長の金を横取りしてやろうと行動を起こすのです。

二人がどんどん落ちぶれていくのがとてもつらかったです。ボトムは、ディック的には、「国外退去」、ジェーン的には「化粧品の試験の副作用で顔がはれ上がる」時。
そんな二人のトップは、もちろん、クライマックス。
この差が、とても気持ちいいです。
そういえば、ディックは人がよすぎて強盗になろうとしてもなかなか成功しない、というのがおもしろかったし、夫婦で強盗をやっても憎めない(そもそも、本物の銃ではなく、水鉄砲だし)し、本当に得な二人だと思う。

後で知ったことですが、アメリカの社長とか、トップの人達の不正発覚が相次いだこともあり、そのことを皮肉った話だそうだけど、そんなことを気にせずとも、お話として、楽しみました。

お話からはそれますが、DVDの特典映像でもなんでもいいけど、キャスト&スタッフの紹介がなかったのが不満でした。
あと、プレスインタビュー風景?というコンテンツはやらせな感じがして、ないほうがいいと思いました。なんとなく
撮影風景、とかの方がよかったし、見たかったかも。きっとすごく和気あいあいとした現場だっただろうなあ、と思うのですよね。
結局、みんな職探しとかしていても、なんか、楽しそうなんだもん。これが現実だったら全然笑えないけど。

しかし、その、格差というのは実際あるとつらいものだと思います。むつかしいですよね…。

……。

まとめ:この映画のよいところはティアがチャーミングな所だと思います。
面白かったけど、DVDは、買いません。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/39-c7d131c4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

すー

Author:すー
いつもまとまりのない文章書いててすみません…。最近は名探偵コナンの映画「純黒の悪夢」を見て、また最初からコミックを読みたくなっています。完結するのはいつのことやら…。ハンドベルも続けてます。結局やりたいことやって生きてるんだな、私。

最近の記事

いらっしゃいませ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。