Entries

マイレージ、マイライフ

「マイレージ、マイライフ」を見ました。

とっても静かな映画だったけど、
とっても魅力的でした。

主人公のリストラ会社の社員は、出張で使う航空会社のマイルを貯めるのが趣味。
結婚とか、そういうことは全然興味なくて、気ままな暮らし。
ある日、自分と同じような女性にであい、気楽に付き合いだす。
そんな中、リストラしに行く出張費の削減で、チャットでリストラ宣告するシステムを提案した新人(女性)に、現場の経験をさせるため、主人公の出張に同行させることになった(主人公はもちろん嫌がったのだが)。
今まであまりかかわってこなかった妹の結婚式もあり、
同行させている新人の失恋もあり、
主人公の人生観が、大きく変わったかと思った。

本人も、そう思ったと思うんだけど、
あーあー。なことがあって、
結局、さみしい結果になってしまいました。

詳しいことは書けないけど、
さみしいだけの後味ではないのが、このお話のいいところだと思いました。


リストラを宣告された人たちは、
突然、人生の大部分を費やしてきたことが終わってしまうわけで、
「宙に浮いて」しまうのですが、
マイレージを貯めることが趣味の主人公も、「宙に浮いて」いるんです。
そんな主人公は、人と深い関係を続けることを避けて、私からしてみたら、
「気楽でいいなあ」と思うと同時に、「さみしいよなあ」とも思いました。

その辺の、微妙な感じが、たださみしいだけでなく、どこかおかしく表現してあって、
主人公の、心の変化も、面白くて、にくめないです。
ぜんぜん、憎めないです。

「ジュノ」という映画と同じ監督さんということですが、
何か大事なことをつかめたと思うのですが、何かは整理しきれないまま、表現できなくて、
でも、私、嫌いじゃないです。この感じ。
今回も、そんなことを感じています。

主人公は、「バックパックに何を詰めるか」という話初めで、各地でスピーチをしています。
身の回りのもの全部バックパックに詰め込んだら、重くて動けないし、燃やしてしまおう、と言います。
バックパックに、自分の周りの人を全部詰め込んでも、やっぱり、重くて、肩紐は食い込むし、
重くて動けない。
動くために、それを置いていけばいい、というわけです。
動く=生きるということだ、と。
動けないということは、死んでるということ。動くために、身軽になろう、
人とのめんどうは避けろ、ということらしく、
それはそれで、なるほどなあ、と思ってしまいました。

ちゃんと自分の拠点があって、それこそ、「帰る港」があるなら、それもいいでしょうが、
主人公は、そうじゃなかったから、周りの人から見たら、かわいそうな人、とか思われていたんでしょうね。
そんな主人公が、リストラ宣告人をやっているというのも、なんとなくわかるというか…。

とにかく、なんか、見ていて、久しぶりに映画見た、って感じの映画でした。
特に、「何が」って言うわけもないけど(笑)。

音楽もやさしい感じで、よかったです。


ああ、そうそう、言い忘れていましたが、主人公役のジョージクルーニー、渋くてかっこいいです。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://pocketpp.blog106.fc2.com/tb.php/445-ee809219
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

すー

Author:すー
いつもまとまりのない文章書いててすみません…。更新が随分と滞りました。名探偵コナンは単行本のみ、それに加えて、今更ながらONE PIECEを読み始めました。日々の暮らしをシンプルにしたいと思いつつ、デジタル化も、クラウド利用もとても苦手で、今年中にはCDの整理に区切りをつけたいと思っています。ハンドベル、続けています。やっぱり、好きなことして生きてるぜ、私…。笑

最近の記事

いらっしゃいませ

月別アーカイブ